CM170114-172557001_R

福岡から北京、上海を訪問し、帰国した1月13日(金)の深夜

疲れも癒えぬまま翌日出発する旅の準備

なんと、翌日14日(土)からはドイツ訪問が始まるのでした。

中国で使用したカッターシャツなどを13日深夜に洗濯し、ドイツで使用するものを旅行鞄に詰め込む。

北京も寒かったけど、ドイツはもっと寒いのです。

DSC_3492_R

15日(日)朝7時から羽田行きの飛行機へ乗り込むため、

前日14日(土)は福岡空港がある博多へ移動

博多の居酒屋で魚の刺身盛り合わせで一杯飲んじゃいました。

DSC_3496_R

早朝、福岡から羽田へ移動

DSC_3495_R

写真は羽田のANAのラウンジ このカレーが美味いんです!

さて、羽田からドイツのフランクフルトまでのチケットなんですが、

アップグレードの可能性があるエコノミーチケットを購入。

同じエコノミーのチケットでも、アップグレードの申し込みができるものと

できないものとでは値段がかなり違うのです。

アップグレードの可能なチケットを購入して、帰国のチケットはビジネスクラスにアップグレードできたものの、

行きのチケットは人が多くて確定せず順番待ち。

しかもこのアップグレード、申し込みした順に当選するわけではありません。

まず、ビジネスの席が出発までに売れ残っていること、

その後でANAのメンバーでプライオリティーが高い人から優先で割り当てられます。

私のANAのプライオリティーはブロンズ会員

単なるマイレージ会員の人よりは1つ高いという低レベルの優先なのです。

そしてアップグレードできたとしても、マイレージポイントが28,000ポイント必要。

(28,000円相当のポイント)


もしダメな場合は当然エコノミー席。

正月明けにドイツへ帰る駐在員家族が多いようで、

私のエコノミー席は通路側席が予約できませんでした。

通路側でもなく、窓側でもない。これは窮屈だし、長旅の折りにトイレにも困ります。


エコノミーの通路側でもない悲惨な国際線旅行となるのか? それとも華のビジネスアップグレードなのか?

その運命の結末は、いよいよ国際線の搭乗口まで持ち越されるのでした。

そして...

DSC_3497_R

なんと、首の皮一枚でビジネスクラスへアップグレード

ANAのマイル 28,000ポイントの支払いでドイツへの旅は

優雅なビジネスクラスの座席で始まったのでした。

DSC_3500_R

旅は続く...

中国行き(2017)-北京へ

中国行き(2017)-北京ですごいものを見た

中国行き(2017)-上海経由で帰国
ドイツ行き(2017) - 往路座席の運命は...
ドイツ行き(2017) - ビジネスクラスで出発


☆ランキングサイトへの応援クリックよろしくお願いします☆
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ ブログランキング    九州ランキング