力いっぱい輝ける日を

素晴らしい景色を見に、おいしい食べ物を食べに、日本にないものを探しに いつまでも、いつまでも海外に出かけたいと思っています。

四国

ちょっと変わった四国旅 道後温泉

ブログネタ
☆四国の旅☆香川県・徳島県・高知県・愛媛県☆ に参加中!
マリントピア別子-下灘

東洋のマチュピチュを堪能した後、次の目的地道後温泉へ。

と、その前に「ものすごい がらくた屋」情報を聞きつけ、そこへ向かうのであった。

DSC_1109_R

ありました、ここですよ。

あ、この車は違いますよ。その他の全てです。

DSC_1110_R

DSC_1114_R

がらくたと「ゴ〇」あるいは「ロミ」との違いは?

はい、それは売ろうと思えば売れるものとそうでないものです。

DSC_1115_R

DSC_1112_R

DSC_1111_R

じゃあ、ここのはどっち?

このお店がなせ有名か? よくわかりました。

先を急ごう!

P1170798_R

と、いうわけで ついに着きました。

P1170799_R

四国に来て、やっとたどり着いた、観光地らしき場所。

そういえば「桂浜」も「坂本龍馬」も「はりまや橋」も「大歩危小歩危」も、全てスルーしてきたこの旅

P1170800_R

ところがところが...

マイクロバスを停めさせてくれる場所がない、ない、ない。

とにかく道後温泉の前を...素通りしてしまいました。

うそでしょ?馬鹿じゃないの?

でも、停めるとこないんだもん。 で、次っ(涙)

DSC_1121_R

とにかく昼ご飯、讃岐うどん

DSC_1118_R

いやぁ~これ本場もんです。

DSC_1119_R

温泉代浮いたので、ちょっと贅沢。(号泣)

DSC_1120_R

さすが、本場やね。少し四国に来た気がしました。

つっ、次ぃ!

DSC_1124_R

今日の最後は、日本で一番海が近く、夕日が美しい駅

JR四国 下灘駅 へ

DSC_1132_R

無人駅

DSC_1131_R

多くの人が最終電車を待っていました。



むちゃくちゃロマンチックを感じて、今日は「道の駅 ふたみ」に宿泊

その夜はとんでもない豪雨となり、そんなバスの中で点かなくなった

カーナビとバックカメラのモニタの件についてどうするか頭を悩ませる。

「こんな時はオートバックスやね!!」

「パソコン無くてもスマホで場所検索できるし、Googleナビで案内もしてくれる」

「今回パソコンいらんかったんやない?」

「あした早く起きてオートバックス宇和島店へ行こう

(続く...)


関連記事:

1.「ちょっと変わった四国旅 北九州から高知へ
2.「ちょっと変わった四国旅 沢田マンション
3.「ちょっと変わった四国旅 ゆず庵
4.「ちょっと変わった四国旅 StarChart アプリ
5.「ちょっと変わった四国旅 東洋のマチュピチュへ
6.「ちょっと変わった四国旅 道後温泉
7.「ちょっと変わった四国旅 オートバックスへ
8.「ちょっと変わった四国旅 足摺岬
9.「ちょっと変わった四国旅 カツオのたたき
10.「ちょっと変わった四国旅 また逢う日まで
11.「讃岐うどんをゆでてみた


☆ランキングサイトへの応援クリックよろしくお願いします☆
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ ブログランキング    九州ランキング

ちょっと変わった四国旅 東洋のマチュピチュへ

ブログネタ
☆四国の旅☆香川県・徳島県・高知県・愛媛県☆ に参加中!
さめうら-マイントピア_R

「道の駅 土佐さめうら」を出発し、一路「東洋のマチュピチュ」へ向かう。

「東洋のマチュピチュ」とは?

日本3大銅山の一つ、愛媛県新居浜市の山麓部にあった別子銅山の東平(とうなる)地区

海抜約1000mにあるこの地は、かつて銅山で5000人もの工夫やその家族で栄え

閉山となる1973年(昭和48年)までの約280年の間に70万トンを産出し、

日本の貿易や近代化に寄与した鉱山である。

また、住友一族が経営し、住友財閥の礎を築いた地でもある。

P1170783_R

閉山から40年余りたった今は、当時の面影を残すもののひっそりとしている。

天空の街、東洋のマチュピチュの地として知られたこの地

ゆっくりと見て回りたい場所である。



そういえば昨夜パソコンが充電してなかった100Vのコンセントだけど、

車中央のバッテリーの方から引いてきている100Vのほかに、

車の運転座席に社内の24V(バスは24V)から12V(普通の乗用車は12V)に

変換しているコンバータ(デコデコ)があり、この12Vをさらに100V(AC)に変換している

コンセントがあることを思い出した。 これにパソコンをつないでみよう。

まずはパソコンの電源をいれないままコンセントをつなぐと...

おーお、充電ランプ点いたじゃん!

なーんだ、車中央の100Vが悪いんだ。 パソコンこわれてなくてよかった。

じゃあパソコンのスイッチいれてみよう。 ぽちっと。

むむ、充電しなくなったじゃん。なんで??

ハッと気づくと、ナビも画面が出ない、バックカメラのモニタもつかない。

何かが起こった。

デコデコをチェックしてみるが、ヒューズもとんでないし...

再び不安材料を抱え、次の目的地へ車を進めるのでありました。

(続く...)


関連記事:

1.「ちょっと変わった四国旅 北九州から高知へ
2.「ちょっと変わった四国旅 沢田マンション
3.「ちょっと変わった四国旅 ゆず庵
4.「ちょっと変わった四国旅 StarChart アプリ
5.「ちょっと変わった四国旅 東洋のマチュピチュへ
6.「ちょっと変わった四国旅 道後温泉
7.「ちょっと変わった四国旅 オートバックスへ
8.「ちょっと変わった四国旅 足摺岬
9.「ちょっと変わった四国旅 カツオのたたき
10.「ちょっと変わった四国旅 また逢う日まで
11.「讃岐うどんをゆでてみた


☆ランキングサイトへの応援クリックよろしくお願いします☆
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ ブログランキング    九州ランキング

ちょっと変わった四国旅 StarChart アプリ

ブログネタ
スマホのアプリ に参加中!
沢マン-土佐さめうら_R

「ゆず庵」で満腹になったあとは、今夜の宿「道の駅 土佐さめうら」へ

DSC_1051_R

ホテル泊じゃないの?

いや、マイクロバス泊なんです。

実は乗ってきたマイクロバスは超優れもの。

マイクロバス型キャンピングカー、いわゆるバスコンというやつです。

道の駅に泊まっているキャンピングカー、結構ありますよ。

DSC_1046_R

私はマイナス10度に耐えるマミー型の寝袋を持っているので寒さの心配はなく、

道の駅だと飲み物やトイレの心配も無い。

DSC_1047_R

道の駅によっては温泉がついているところもあるんです。

DSC_1048_R

ここ「道の駅 土佐さめうら」はシャワー室がありました。

南国市から四国のほぼど真ん中にあたるこの地に移動して来たのには意味があり、

「次の日の観光地への距離稼ぎ」と「四国の夜空」

四国の山の中は夜空がきれい

あなた、星を探すの得意ですか?

あの星何?って、輝く星の名を知りたくないですか?

そこで見つけた優れものが、スマートフォンアプリの「Star Chart」



このYouTubeでは英語で紹介されていますが、アプリは日本語対応されています。

素人向け、夜空の観察には欠かせない優れた逸品

アプリを起動して夜空に向けスマホをかざすと、その先にある星座がスマホに現れる。

とても使い勝手の良いアプリです。

流星群の流れる夏に向けて、活用されてはいかがでしょうか?

DSC_1054_R

夜空を楽しんだ後は、持参したパソコンで翌日の観光地情報を再チェック。

そのとき、バスコンの100Vコンセントにつないだパソコンは充電が機能していないことが判明。

パソコンのバッテリー残り時間は約1時間。

パソコンが悪いのか?ケーブルか?コンセントか?

今後に影響を及ぼしそうな不安材料を抱え、今夜は寝袋で就寝いたしました。

(続く...)


関連記事:

1.「ちょっと変わった四国旅 北九州から高知へ
2.「ちょっと変わった四国旅 沢田マンション
3.「ちょっと変わった四国旅 ゆず庵
4.「ちょっと変わった四国旅 StarChart アプリ
5.「ちょっと変わった四国旅 東洋のマチュピチュへ
6.「ちょっと変わった四国旅 道後温泉
7.「ちょっと変わった四国旅 オートバックスへ
8.「ちょっと変わった四国旅 足摺岬
9.「ちょっと変わった四国旅 カツオのたたき
10.「ちょっと変わった四国旅 また逢う日まで
11.「讃岐うどんをゆでてみた


☆ランキングサイトへの応援クリックよろしくお願いします☆
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ ブログランキング    九州ランキング

ちょっと変わった四国旅 ゆず庵

ブログネタ
☆四国の旅☆香川県・徳島県・高知県・愛媛県☆ に参加中!
沢マン-土佐さめうら_R

「沢田マンション」の見学ツアーで、「ちょっと変わった四国旅」は順調にスタート。

続いては夕食を食べに南国市の「ゆず庵」へ

この旅はマイクロバスで出かけているため、小回りは効きません。

いろんな場所へ出かける際は、このマイクロバスが停めれるのか?が非常に大きなポイント。

高知市から南国市への移動は、比較的大きな道であったため少し安心。

もうすぐ予定のレストランに到着予定だが...

DSC_1013_R

むむ、なんと道に恐竜の首が...

「アミューズメントレストラン ゆず庵」、この店に違いない。

DSC_1016_R

「高知名物ぜよ!」と、オムライスやくじらカツを勧める大きな看板

その横は特大なジョーズの模型!!

何とかマイクロバスを停めてレストラン入口へ。

DSC_1017_R

DSC_1018_R

おお、この入り口では「カツオのタタキ」をPRしているのか。

DSC_1029_R

DSC_1030_R

カツオのタタキを作るためのわら焼き小屋がある。

やっぱり四国やね、超本格的。 こりゃあ期待できるぞ!

DSC_1028_R

入り口に置かれたお土産、「カツオ人間」のお菓子。

マスコットキャラ「カツオ人間」(ゆるキャラではないらしい)、これも今や高知名物。

レストラン内はもう席待ちで行列ができてました。

仕方なく店内をうろちょろ

DSC_1036_R

アイス170リットルを載せる皿 (直径1m以上ありました)

DSC_1032_R

200人分のオムライスを載せる巨大な皿 (直径1mはありました)

DSC_1026_R

レジで見つけた「南海キャンディーズ」の「山ちゃん」

ここまで営業でやってきたのかな?

DSC_1034_R

懐かしのアイドル「キャンディーズ」の写真も飾られてました。

DSC_1027_R

あーウッディじゃないですか。手を怪我されたんですね。

と、その後ろは月光仮面

DSC_1022_R

あなたまでが手を怪我するとは...

DSC_1023_R

「くじら」の大きな模型も出現

DSC_1020_R

DSC_1024_R

DSC_1025_R

もう紹介できないほど、いろんなものがあるレストラン。

DSC_1035_R

そろそろ席が空いたので、メニューをオーダー

DSC_1040_R

お店お勧めのオムライスとデカエビフライ(30cm以上) ウマイ(^^♪

DSC_1043_R

お店では日本一と豪語してました。

DSC_1041_R

お店お勧めのカツオのタタキ

クゥーー こんな肉厚なタタキは初めて ウマイ(^^♪

DSC_1045_R

お店お勧めのくじらカツ 懐かしの味 ウマイ(^^♪

DSC_1044_R

お店お勧めのミンククジラの刺身 ウマイ(^^♪

DSC_1037_R

DSC_1038_R

巨大な龍馬とその奥さんに見守られながら

大満足、腹いっぱいの夕食となりました。

高知県はすごいぜよ!!

(続く...)


関連記事:

1.「ちょっと変わった四国旅 北九州から高知へ
2.「ちょっと変わった四国旅 沢田マンション
3.「ちょっと変わった四国旅 ゆず庵
4.「ちょっと変わった四国旅 StarChart アプリ
5.「ちょっと変わった四国旅 東洋のマチュピチュへ
6.「ちょっと変わった四国旅 道後温泉
7.「ちょっと変わった四国旅 オートバックスへ
8.「ちょっと変わった四国旅 足摺岬
9.「ちょっと変わった四国旅 カツオのたたき
10.「ちょっと変わった四国旅 また逢う日まで
11.「讃岐うどんをゆでてみた


☆ランキングサイトへの応援クリックよろしくお願いします☆
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ ブログランキング    九州ランキング

ちょっと変わった四国旅 沢田マンション

ブログネタ
☆四国の旅☆香川県・徳島県・高知県・愛媛県☆ に参加中!
Map1_R

朝9時に北九州を出発して、途中事故渋滞やGW渋滞(重体)に巻き込まれ、

更に食事やトイレ休憩をはさんで高知にたどり着いたのは 夕方の5時

これで旅行1日目は終わったな~と思うのはまだ早い!

なんとたどり着いた場所は地元高知で知る人ぞ知る ”沢田マンション”

DSC_0972_R

”沢田マンション” 初めて聞いたこの名前

アパマンションみたいな ・・・ わかった、”沢田研二”が建てた不動産??

いやいや、違うぜよ(高知弁??) 龍馬はこんな建物知らんかったぜよ!!

一見、何ともない建物のようだが、屋上にクレーンがあるぜよ!

これって作りかけのマンション?

DSC_0974_R

良くみりゃあ 上から下につながる非常階段のようなものが見える。

普通のように見えるんだが、ビルの手前のスロープのようなものは

車が上っていくためのものかね? よくわからんなー

DSC_0977_R

バス停みたいなのがあるが、なんか変だな

DSC_0978_R

むむ? 略して”沢マン”って言うのか。 賃貸募集してるな。

4F27号室? 2F66号室? 4階35号室?

普通は4階は 4xxx号室とか、4で始まるんじゃないの?

しかも何で2階なのに66号室と番号が4階の部屋番号より大きいの?

同じ4階でも、4始まりでもなく、27号室のように2始まりでもない35号室?

”沢マンツアー”なるものもあるとのこと...全くよくわからん。

まあ、大家さんの許可をいただいたので、写真撮影をしながら勝手にツアーに出かけてみました。

DSC_0981_R

ここは地下につながる道なのか?道が狭い上にその奥は曲がっとるぜよ。

DSC_0983_R

これが遠くからみた全景にあったスロープぜよ。

こりゃあ幅が狭くて自動車はとても無理、せいぜい自転車・バイク用ぜよ。

DSC_1004_R

むむ、なんだこの網のような床は? コンクリートはがれ落ちてるの?

DSC_0984_R

おーお、こんな細い鉄筋ばかり組んだものにセメントかぶせただけ?

さっきのスロープもこんなので造ってたの?

このマンション、強度大丈夫なの?

DSC_0987_R

更に進むと陸地と池があったぜよ! 岩もある!

こんなの相当重いんじゃないの? 床の強度大丈夫なの?

DSC_1002_R

ベンチがあるデッキ?

DSC_0998_R

そこへつながる階段。

DSC_0991_R

そこを1階上から見るとこんな感じ

DSC_0990_R

最上階ではこんな感じ。

むむ? これなんかモータみたいな、巻き上げ機みたいなの付いてますけど?

こんなの、遠くからみた全景にもあっような...

非常階段??

え? 非常階段じゃなくて、こりゃあでかい荷物上げ下げの昇降機ぜよ!

DSC_1002_R

あのベンチは昇降中に座るためのベンチぜよ!

DSC_0992_R

最上階には大きなクレーンがあったぜよ。

DSC_0993_R

余りにもデカ過ぎてカメラに収まらんぜよ。

DSC_0999_R

工場もあったぜよ!まだここに何かつくるんかい?

DSC_0994_R

なんと終いには空中農園が出てきたぜよ。

DSC_1006_R

そんでもって、ここで採れた野菜を「良心市」で住人に売る。

何なの、この「沢マン」?

というんで調べてみると、この「沢マン」、アパマンでも沢田研二の不動産でもなく、

今は亡き「沢田嘉農」さんが建築認定も取らないまま、独力・独学で造ったという建築物

DSC_0989_R

その大きさたるや、地上5階に地下1階、屋上付き。

ヤマダ電機並みぜよ!(写真は沢マンの屋上から見えるヤマダ電機)

幼少時代に雑誌で見た”アパート”に感動し、頑張って作ったぜよ。

最初は母子家庭などを優先して入居させたという、非常に志の高い話ぜよ。

入居した順に部屋番号を付けた、設計図は彼の頭の中にのみあったというから、

全ての謎が解けていったぜよ。

四国旅行の観光は、こんなところから始まった。

そういうわけで、「ちょっと変わった四国旅」というタイトルになったわけです。

(続く...)


関連記事:

1.「ちょっと変わった四国旅 北九州から高知へ
2.「ちょっと変わった四国旅 沢田マンション
3.「ちょっと変わった四国旅 ゆず庵
4.「ちょっと変わった四国旅 StarChart アプリ
5.「ちょっと変わった四国旅 東洋のマチュピチュへ
6.「ちょっと変わった四国旅 道後温泉
7.「ちょっと変わった四国旅 オートバックスへ
8.「ちょっと変わった四国旅 足摺岬
9.「ちょっと変わった四国旅 カツオのたたき
10.「ちょっと変わった四国旅 また逢う日まで
11.「讃岐うどんをゆでてみた


☆ランキングサイトへの応援クリックよろしくお願いします☆
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ ブログランキング    九州ランキング

プロフィール

やっちん

記事検索
アーカイブ
アクセスカウンター

    ギャラリー
    • 平成最後の素敵な桜
    • 平成最後の素敵な桜
    • 平成最後の素敵な桜
    • 平成最後の素敵な桜
    • 平成最後の素敵な桜
    • 2018年 年末に思うこと
    • 2018年 年末に思うこと
    • 2018年 年末に思うこと
    • 2018年 年末に思うこと
    • 2018年 年末に思うこと
    • 2018年 年末に思うこと
    • 2018年 年末に思うこと
    最新コメント
    QRコード
    QRコード