力いっぱい輝ける日を

素晴らしい景色を見に、おいしい食べ物を食べに、日本にないものを探しに いつまでも、いつまでも海外に出かけたいと思っています。

運動

河頭山・花尾山・皇后杉

2021-03-14-08-51-45-598_R

2021-03-14-08-51-17-355_R

2021-03-14-08-52-38-056_R

帆柱山系の山、河頭山・花尾山・皇后杉・皿倉平・権現山・帆柱山に登ってきました。

北九州の八幡を一望するこの絶景は花尾山から。

以前の登山で魅せられた花尾山。



その向かいの河頭山、また皿倉山の皇后杉が見たくて登山開始。

2021-03-14-07-44-19-010_R

スタートは河頭山の麓の公園から

2021-03-14-07-45-15-417_R

河頭山は低山ながら登山の味わいを感じさせる。

2021-03-14-07-52-21-778_R

ただ、岩がやたら多い。

2021-03-14-08-00-42-835_R

若者が、よくロッククライミングの練習をしています。

ここからから都市高速のトンネルの上を跨いで花尾山へ。

2021-03-14-08-23-10-490_R

この花尾山にあった花尾城。

2021-03-14-08-26-36-369_R

下の方から、やぐら台、四ノ丸、三ノ丸、二ノ丸、本丸と、本格的な造りだったようで、
専門の情報によると、大小12郭から成る連郭式山城だったようです。

その本格的な山城は、この頂上から何に睨みを利かせていたのかと問わずにはいられない。

2021-03-14-09-04-28-655_R

そして皇后杉(こうごうすぎ)の森

2021-03-14-09-57-36-864_R

神功皇后が西征の折、この山の杉を軍船の帆柱に切り出したという伝説に由来するという。

帆柱山という名の由来もまたそこにあるらしい。

2021-03-14-09-57-44-016_R

苔むす巨木

2021-03-14-09-58-14-434_R

2021-03-14-10-00-05-749_R

2021-03-14-10-04-31-166_R

そして、ついにはその巨木に神が宿る。

2021-03-14-11-25-38-626_R

山には歴史が潜んでいる、そう感じてまた地元の山が好きになった。


 
>>やっちん インスタグラム
☆ランキングサイトへの応援クリックよろしくお願いします☆
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ   九州ランキング ブログランキング 

灘山、弥勒山

YAMAP-灘山・弥勒山

登山には欠かせない、スマホの登山支援アプリYAMAP。

2021-03-06-09-50-50-162_R

2月の地図のダウンロード仕様変更の説明を受け、

2021-03-06-10-21-23-380_R

そろそろ私も地図の枚数制限を受けないプレミアム会員になっておかなきゃなと、
遂に会員登録しました。

2021-03-06-10-03-25-919_R

じゃあ早速プレミアムユーザー特典の立体地図を複数枚ダウンロードして歩かねば、

2021-03-06-10-35-51-703_R

近くの山にすかさず Let's Go !

2021-03-06-10-51-38-174_R

2021-03-06-10-52-11-837_R

グリーンパークの方から玄海遊歩道を東に向かって、

2021-03-06-10-53-03-835_R

灘山、弥勒山を歩いてきました。

2021-03-06-12-06-55-001_R

2021-03-06-12-39-03-129_R

2021-03-06-12-54-01-015_R

2021-03-06-12-56-08-330_R

2021-03-06-12-58-38-358_R




>>やっちん インスタグラム
☆ランキングサイトへの応援クリックよろしくお願いします☆
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ   九州ランキング ブログランキング  

山鹿城址

少し前に登った帆柱連山の花尾山



この山頂にあったという花尾城を調べていると、永禄10年(1567年)、その城主の麻生鎮里(しげさと)は、対立していた一族の麻生隆実(たかざね、遠賀郡山鹿城主)と戦ったとの史実を知った。

遠賀川の河口にある小高い山城である山鹿城は、場所こそ知るが行ったことはなかった。
さらにを調べると1587年(天正15年)の豊臣秀吉による「九州征伐」後に廃城となったという。

その後も遠賀川の河口という要地のこの場所は、秋月藩・東蓮寺藩米倉があったようで、その跡を示す石碑が建てられている。

歴史を刻むこの小高い山に、無性に登ってみたくなった。

2021-02-21-13-27-31-312_R

要所である遠賀川河口に建つ石碑

2021-02-21-13-28-12-951_R

まずは築山に向かう

2021-02-21-13-29-11-046_R

百段に満たない石の階段を昇り詰めると、ここが築山の頂上らしい

2021-02-21-13-29-20-811_R


2021-02-21-13-30-06-908_R

ここから一級河川の遠賀川の河口を間近に見下ろすことができる。 もとに戻り、山鹿城址のあった城山への登り口を探す

2021-02-21-13-32-04-185_R

見つけた登り口 矢印方向ではなく、このまま真っすぐに進む

2021-02-21-13-32-19-354_R

2021-02-21-13-33-07-212_R

急な階段が続く

2021-02-21-13-36-21-164_R

ここが山鹿城址のようだ

2021-02-21-13-36-31-790_R

2021-02-21-13-36-41-140 (2)_R

なんとなく荒れ果てた感が残る風景

2021-02-21-13-39-24-734_R

山頂の標識など見つからなかったが、この辺が一番の高台

2021-02-21-13-43-25-835_R

2021-02-21-13-43-40-532_R

2021-02-21-13-43-51-294_R

2021-02-21-13-45-25-792_R

こちらは権現堂山 二の丸っといった感じ

2021-02-21-13-47-39-570_R

下ると船の安全を願う鳥居

2021-02-21-13-49-07-524_R

下から見上げた山鹿城址

2021-02-21-13-50-13-116_R

雲一つない青空だった

YAMAP へ Go → 



>>やっちん インスタグラム

☆ランキングサイトへの応援クリックよろしくお願いします☆
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ   九州ランキング ブログランキング  

久々に畑貯水池を歩く

2021-02-20-13-39-54-375 - コピー~2_R

久々に畑貯水池を歩いてきました。

walk20210220

天気が良い週末の土曜日

今日は夕刻前から用事があるので、登山には行けないなと諦めていたところ、

畑貯水池を歩く時間が取れたためウォーキング開始!

2021-02-20-13-53-16-028 (2)_R

歩きながらスマホで付近の地図を見ると、近くに「畑山」という山があることを発見。

2021-02-20-13-53-34-460 (2)_R

なんとか1登頂することができました。

YAMAP へ Go → 




>>やっちん インスタグラム
☆ランキングサイトへの応援クリックよろしくお願いします☆
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ   九州ランキング ブログランキング  

小倉の街並みを一望 足立山・小文字山

2021-02-13-12-39-26-670_R

本日は久々に足立山へ登りました。

2021-02-13-08-15-33-855_R

登り口がどこだったのかすっかり忘れて、ウロウロとすること10分

2021-02-13-08-16-43-904_R

わからんわーこれ。

2021-02-13-08-22-59-497_R

懐かしー、このはしごは未だに現役だったんですね。

2021-02-13-09-03-38-816_R

結構難所もあって、

2021-02-13-09-11-37-412_R

砲台山と足立山との分岐まで来ました。

2021-02-13-09-12-10-506_R

まずは砲台山へ

2021-02-13-09-17-00-336_R

山頂は平なのに、景色全く見えず。

2021-02-13-09-17-44-449_R

標高は442m

2021-02-13-09-26-38-484_R

来た道を戻って、今度は足立山・妙見山方面へ

2021-02-13-09-32-23-286_R

両サイドは崖の、こんな細い道もあります。

2021-02-13-09-40-01-888_R

2021-02-13-09-45-10-599_R

足立山へ

2021-02-13-10-00-41-737 (2)_R

標高597.8m

2021-02-13-10-01-15-369_R

少し曇っているのが残念ですが、小倉の街並みが一望できます。

2021-02-13-09-43-09-092_R

分岐に戻って、今度は妙見山へ

2021-02-13-10-27-24-661_R

足立山妙見宮上宮

2021-02-13-09-43-33-533_R

続いて最後の目的地、小文字山へ

2021-02-13-11-28-46-869 (2)_R

小文字山到着。天気、晴れてきました。

2021-02-13-11-29-44-963_R

2021-02-13-11-31-34-339 (2)_R

小倉の街並みがくっきり、正面には皿倉山も見えます。

2021-02-13-12-35-45-267_R

約4時間半、走行距離約7Km、3つの山の上り下り合計約700m

疲れはしましたが、青い空と小倉の街並みがそこにはありました。

YAMAP へ Go → 



>>やっちん インスタグラム
☆ランキングサイトへの応援クリックよろしくお願いします☆
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ   九州ランキング ブログランキング  
プロフィール

やっちん

記事検索
アーカイブ
アクセスカウンター

    ギャラリー
    • 金比羅池の桜
    • 金比羅池の桜
    • 金比羅池の桜
    • 金比羅池の桜
    • 金比羅池の桜
    • 金比羅池の桜
    • 金比羅池の桜
    • 金比羅池の桜
    • 金比羅池の桜
    • 河頭山・花尾山・皇后杉
    • 河頭山・花尾山・皇后杉
    • 河頭山・花尾山・皇后杉
    最新コメント
    QRコード
    QRコード