力いっぱい輝ける日を

素晴らしい景色を見に、おいしい食べ物を食べに、日本にないものを探しに いつまでも、いつまでも海外に出かけたいと思っています。

自然

今日のトレーニング - 大島

DSC_1314_R

「今度どこ走るか?」

「そうやなぁ~、海辺!」

1週間前に交わした、友人とロードバイクで走る場所決めの会話

DSC_1274_R

待ち合わせはここ、福岡教育大近くのとある駐車場

のんびりした田舎の風景、風も無く快晴

40Kmは走るので、遠くからスタートして、

最終的には「遠賀宗像自転車道 」を走るんだろうなと思っていた。

まずは田舎の川沿いを走りだし、たどり着いたのはここ

DSC_1277_R

なに?

DSC_1279_R

フェリー乗り場?

DSC_1278_R

自転車ごと乗船

DSC_1290_R

本日は、大島に渡って島を一周走るコースでした (´;ω;`)ウゥゥ

九州北部の神湊(こうのみなと)から約25分で大島港へ到着

DSC_1297_R

おお、海水の透明度抜群!

Map04_R

島を時計回りに走ります。

それが結構な勾配の坂道

これぞトレーニング!!

DSC_1304_R

津和瀬

DSC_1327_R

DSC_1326_R

大島灯台

DSC_1322_R

玄界灘が広がる絶景

DSC_1348_R

御獄山展望台

DSC_1352_R

ここからは九州の本土が見えます。 距離は約8.5Kmくらい?

DSC_1347_R

御嶽神社

DSC_1361_R

沖津宮遥拝所

絶景を見ながらのサイクリングは、意外と時間がかかってしまいました。

DSC_1364_R

フェリーの時間があるので急いで大島港へ戻ろうとしたら

道を間違え行き止まり。

DSC_1370_R

DSC_1373_R

何とか時間に間に合って、13:00の便で大島を離れたのでありました。

で、昼食。

「久々、かつ亭行ってみるか?」

福岡教育大前駅隣にあるかつ亭は14:30に昼のオーダーストップ

途中後輪がパンクして、到着は14:40

DSC_1381_R

入り口には「じゅんび中」の札

そこを無理やり頼み込んで、とんかつ定食Lサイズ+ごはん大盛りを注文

頼み込んで入れてもらったのに、ずうずうしくも+アルファオプションを注文

DSC_1377_R

おーうまそう

DSC_1379_R

Lサイズのとんかつ

DSC_1378_R

ごはん大盛り

ここまで大盛りはめったにお目にかかれません。

さすが「教育大前のかつ亭」

わざわざ来て頼み込んで入店した甲斐があるお店でした。

ごちそうさまでした。

Map02_R

DSC_1382_R (2)

本日は44Km走行しました。

お疲れ様でした。


☆ランキングサイトへの応援クリックよろしくお願いします☆
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ ブログランキング    九州ランキング

地震 先が見えない

DSC_0984_R

九州の地震

九州北端の我が家でも連日のひどい揺れ

なんかいつも揺れてる、そんな夜を2晩明かしました。

今朝は心配で早くから家の外観チェック、見た目は異常なし

よかった、まずはひと安心

そしてわんこと朝の散歩へ

DSC_0986_R

何だこの雲?

太い帯の雲がクロスしてる

これって地震雲?

DSC_0987_R

先が見えない 九州の地震

たくさんの被害が出ているので早くおさまって欲しいですね。


☆ランキングサイトへの応援クリックよろしくお願いします☆
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ ブログランキング    九州ランキング

サイクリング - 若松を一周

cycle2_R

ロードバイク 始めました。

早いもので、北九州マラソンからもう一カ月以上過ぎてしまいましたが、

あれから一度もランニングのトレーニングは無し。

何か目標というか、目新しいものを見つけることができず、

思い切って手を出したのがロードバイク、そこそこ真面目な自転車の練習です。

DSC_0780_R

友人所有のルイガノ(自転車のメーカー)を長期借り受けるお願いをしました。

「どこ走るかな?」

「休日の朝早くなら、国道も車少ないんじゃない?」

なんてことで、自宅から若松半島一周を計画

まずは洞海湾側を走る筑豊本線の駅を制覇しよう

DSC_0715_R

二島駅

DSC_0718_R

奥洞海駅

DSC_0722_R

藤の木駅

DSC_0729_R

そして、筑豊本線の起点駅、若松駅

私の住む北九州市若松区は、北九州市が誕生する前は若松市

日本屈指の筑豊炭田で掘り出した石炭をこの筑豊本線で若松駅まで運び

日本各地へ積みだした街として栄えていました。

若松駅は日本一の貨物取扱駅にもなっていた歴史があります。

DSC_0727_R

この地点で家から15Km走行

DSC_0738_R

洞海湾の向こうは若戸大橋

若松と戸畑をつなぎ、当時は東洋一のつり橋でした。

DSC_0739_R

洞海湾の対岸には日水(日本水産=水産・食品の会社)、

DSC_0740_R

新日鉄住金があり、その昔この地は「太平洋ベルト工業地帯」の

西端であり、この洞海湾も水質汚濁のヘドロの海でした。

DSC_0743_R

しかし今はその公害を克服し、美しいレトロ地区として蘇っています。

DSC_0749_R

その若戸大橋の下にある若松恵比須神社でお参りして休息

DSC_0751_R

ここからは若松半島北岸に沿って西に向かいます。

DSC_0758_R

DSC_0766_R

途中途中で休息

DSC_0775_R

DSC_0772_R

DSC_0774_R

青い空に蒼い海

DSC_0776_R

DSC_0777_R

そして家に無事到着

DSC_0781_R

走行距離、36Km

生まれ育った若松の素敵な景色が堪能できたサイクリングとなりました。


☆ランキングサイトへの応援クリックよろしくお願いします☆
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ ブログランキング    九州ランキング

牡蠣小屋 流王

DSC_0518_R

北九州マラソンの激走からはや一週間

Map1

今回は北九州市の対岸にある下関市

Map2

その南西端の彦島にある 牡蠣小屋 流王 にやって参りました。

DSC_0511_R

北九州市から下関へ行くには、関門橋を通るか、関門トンネルを通るかの2択

今回は関門トンネルのルート

トンネルの入り口には下関の代名詞 河豚の絵が書かれています。

DSC_0513_R

到着した牡蠣小屋の眼の前は小瀬戸の海峡

DSC_0515_R

活きの良いさかなもこの牡蠣小屋の売りのひとつ

DSC_0516_R

地元の彦島牡蠣も置いてあるのですが、

DSC_0520_R

この店の面白いところは、いろんな産地の牡蠣の食べ比べができるところ

DSC_0527_R

広島牡蠣、豊前海一粒牡蠣、佐賀牡蠣など

大きさや甘さの違いがあって、ついつい食べ過ぎてしまいます。

DSC_0529_R

牡蠣飯は300円

前もって牡蠣で出しを取ったスープで炊き込む牡蠣飯は最高の味

DSC_0522_R

地元の活きのよいタコ刺しを食べながらビールもすすみます。

DSC_0532_R

食べて飲んで約3000円

DSC_0534_R

今回は満腹となりました。

ごちそうさまでした。


☆ランキングサイトへの応援クリックよろしくお願いします☆
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ ブログランキング    九州ランキング

航空自衛隊築城基地 航空祭2015動画



久々に動画を作成してみました。


☆ランキングサイトへの応援クリックよろしくお願いします☆
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ ブログランキング    九州ランキング
 
プロフィール

やっちん

記事検索
アーカイブ
アクセスカウンター

    ギャラリー
    • 平成最後の素敵な桜
    • 平成最後の素敵な桜
    • 平成最後の素敵な桜
    • 平成最後の素敵な桜
    • 平成最後の素敵な桜
    • 2018年 年末に思うこと
    • 2018年 年末に思うこと
    • 2018年 年末に思うこと
    • 2018年 年末に思うこと
    • 2018年 年末に思うこと
    • 2018年 年末に思うこと
    • 2018年 年末に思うこと
    最新コメント
    QRコード
    QRコード