力いっぱい輝ける日を

素晴らしい景色を見に、おいしい食べ物を食べに、日本にないものを探しに いつまでも、いつまでも海外に出かけたいと思っています。

おいしいもの

この逸品 - 亜橋のカレー

ブログネタ
インド料理探訪 に参加中!
P1170597_R

ここがカレー屋? と思わせるこの雰囲気

大学時代を過ごした福岡市周辺を久々ドライブして大満足した日の夕方。

夕食を取るため立ち寄ったのが、「カレー料理専門店 亜橋(あばし)

P1170600_R

久々に唸るほど美味しいカレーを食べました。

味も良いのですけど、メニューもわかりやすいんですよ。

P1170598_R

セットなんですね、普通のカレーかグリーンカレーか、

それじゃなかったら特殊な4つのカレーのどれなの?

P1170604_R

じゃ、この「ホウレンソウカレー - ポーク」と、

P1170603_R

「チキンマサラ」で、

P1170602_R

「ごはん - 大盛り」でお願いします。

スープもサラダもセットに入ってます。

残念なのはサフランライス。これ、タイ米なら最高なんですが...

このカレーを食べて、ミュンヘンに住んでいた時のインド料理屋を思い出しました。

RAMA - Neufahrn」(ラマ ノイファーレン=ミュンヘン郊外のお店)

メニューはこんなの (←クリック)

メニューの種類だけはたくさんあるが、どんな料理なのか今ひとつわからない。

わかるのは何ユーロですか?という価格だけ。ただご飯はお代わり自由でした。

ほんとこのミュンヘンの店おいしかったんで、当時ミュンヘンでやってたブログに載っけましたよ。

でも、この亜橋(あばし)はRAMAに負けない味でした。

百道や藤崎、小倉にもありますから、皆さん、

是非この亜橋(あばし)に行ってみてください。



☆ランキングサイトへの応援クリックよろしくお願いします☆
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ ブログランキング    九州ランキング

食ったぞー 糸島半島の牡蠣

ブログネタ
~牡蠣~ に参加中!
P1170586_R

寒い日が続いていますが、こんな時こそ温かいものを食べて心和ませたいですね。

今回訪れたのは福岡市の西隣、糸島市 糸島半島の牡蠣小屋

この糸島半島には数か所の漁港で牡蠣小屋があり、今回は岐志漁港へ

「小屋」といっても見た目はビニールハウス

何軒もの牡蠣小屋が軒を並べています。

”どこにしようかな~”なんて各ハウスを覗き見していると、

「かき汁10円」という看板の店を発見。

P1170595_R

店内も流行ってる感じなので、「なかみや」へ入店しました。

P1170590_R

炭、トング、手袋、ナイフ、ハシの5点セット

これに牡蠣約1.3Kg(カゴ一杯=1000円)とホタテを注文

あ、もちろん「かき汁10円」も。汁には牡蠣が2個も入ってました。

P1170589_R

予想外にも、かわいらしいカゴに満載されて牡蠣は運ばれてきました。

P1170588_R

平らな面を下にして焼くそうです。

P1170592_R

牡蠣はあたるときついので、ついつい焼きすぎてしまって、

なかなか加減が難しいですね。

P1170591_R

焼いている途中で牡蠣の汁が炭に落ち、それがバーン!とはじけて飛んできます。

その汁が不意打ちで私めがけて飛んできて、反射的に後ろに転倒。

P1170593_R

更に後ろの席(幸いにも空席でした)の椅子もなぎ倒し、

すごいしりもちをついてしまいました。

全くもって恥ずかしい次第。

ピンクの服のおねえさんが「びっくりしますよね」とフォローしてくれましたが、

私の赤面はしばらく覚めませんでした。

P1170594_R

お店の方の説明では3月くらいまで牡蠣小屋は営業しているとのこと。

みなさんも是非、「糸島半島の牡蠣小屋」(←クリックでリンク先へジャンプ) 

へ足を運んでみてください。


☆ランキングサイトへの応援クリックよろしくお願いします☆
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ ブログランキング    九州ランキング

ラーメンこの一杯 - マルケン

ブログネタ
ラーメン大好き! に参加中!
01_R

最近ラーメンって、「B級グルメ」とか、「xxx軒」の暖簾分けとか、「ラーメン博物館」とか

モテはやされ過ぎてませんか?

一般論として、メンマとか、きくらげとか、そんな具が普通に入っているのが ”並盛”。

でも、そんなもの全てを捨て去り、麺とスープで勝負するのが この店 「マルケン

”並盛”は350円です。

13_R

実はここ、私の育った場所にあるラーメン屋さんなんです。

私が注文したのはチャーシュー麺大盛り(麺の硬さ普通)

もちろんチャーシューは入っていますが、そのほかは少量のもやしとねぎのみ。

500円です。

この値段でこの味、まさにこれぞ庶民の味方、ラーメン原点の一杯でした。

マルケン

若松区国道199号線沿いの宮丸バス停の真ん前。

駐車場4台分完備です。

是非原点の味を求める方は足を運んでください。


☆ランキングサイトへの応援クリックよろしくお願いします☆
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ ブログランキング  

キャンピングカーでの旅 - 大吊橋とスペイン料理

ブログネタ
九州の旅!(福岡・佐賀・長崎・大分・熊本・宮崎・鹿児島) に参加中!
P1170450_R_R

キャンピングカーでの旅、2日目の後半は 大分県九重町にある、

日本一高く、日本一長い歩行者用の吊橋。

P1170421_R_R

九重”夢”大吊橋(ここのえ”ゆめ”おおつりはし)

P1170430_R_R

渓谷の水面からの高さ173m、長さ390m、メインケーブルを支える

主塔の高さは43mという凄さ。



橋の横には落差83mの「震動の滝」の男滝、女滝が轟音を立て

流れ落ちています。

P1170424_R_R

紅葉の最盛には少し早かったですが、一部の木は見事に紅葉してました。

P1170438_R_R

風で揺れ、人の歩く震動で揺れ、風が吹き抜ける構造のため

173m下の谷底が丸見えになっている日本一の吊橋を

手すりに寄り添いながら往復しました。

P1170417_R_R

そしてキャンピングカーは最終目的地である福岡県浮羽市にある

スペイン料理のお店、「イビサスモークレストラン」へ出発。

P1170453_R_R

このレストランは山の中にある、趣のあるレストランです。

P1170455_R_R

P1170465_R_R

店内にお洒落な薪ストーブがあり、またトイレもお洒落。

P1170457_R_R

P1170456_R_R

P1170458_R_R

スモークのお肉、スープをいただいた後、

P1170459_R_R

メイン料理

P1170460_R_R

そしてパエリア、カニは川ガニでした。

P1170462_R_R

冷たいデザートで満腹!

これにて全てのスケジュールは終了。

浮羽から基山サービスエリアへ寄り、福岡に住む親友一人を降ろし、

キャンピングカーは一路北九州へ。

午後9時、予定通り出発地へ到着。

走行距離500Km、一泊二日のキャンピングカーでの旅、終了。

P1170347_R

基本スケジュールと地図を持ってキャンピングカーのテーブルに座れば、

そこは遊びの作戦ルーム。それぞれは北九州の異なる地区出身だったのに、

たまたま同じ「私立中学」に進学したことで思春期をともに過ごし、

また偶然にも大学時代に博多で過ごした気心知れた仲間。

仕事の都合で4年間 ドイツのミュンヘンで暮らした私。

その後帰国し、再び過酷な日本で働き始め、心身をすり減らしてしまった私。

このキャンピングカーでの旅は、そんな私を元気にするために親友たちが企画してくれました。

友よ、人生にまた一つ忘れられない大きな思い出をありがとう! 


関連記事:

1.「キャンピングカーでの旅 - 別府明礬温泉

2.「キャンピングカーでの旅 - 大瀑布と牧場

3.「キャンピングカーでの旅 - 大吊橋とスペイン料理

4.「夢の列車 クルーズトレイン ななつ星

5.「クル-ズトレインななつ星 - 動画


☆ランキングサイトへの応援クリックよろしくお願いします☆
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ ブログランキング  

キャンピングカーでの旅 - 大瀑布と牧場

ブログネタ
九州の旅!(福岡・佐賀・長崎・大分・熊本・宮崎・鹿児島) に参加中!
NEC_0087_R_R

キャンピングカーでの旅、2日目の朝。

「別府湾サービスエリア」から望む朝の光と盛り上がった高崎山

NEC_0091_R_R

そんな素晴らしい景色を見終えた後、再びキャンピングカーは

別府を南下し、観光名所に向け走り始めました。

P1170361_R_R

目的地は大分県豊後大野市の「沈堕の滝」(ちんだのたき)

P1170362_R_R

これは、まさに日本版のナイヤガラ。



滝幅100m、落差20mの大瀑布です。

P1170389_R_R

たまらず滝のそばに移動。

P1170390_R_R

台風27号が去った後だけに、水量も豊富。



降り注ぐマイナスイオン、そして爆音。

ずっと見てみたい気持ちを抑え、次の目的地に移動しました。

P1170399_R_R

旅行計画時に行ってみたい場所としてあがったのは「阿蘇」

九州の中央に大きな外輪山を持つ活火山、阿蘇山

外輪山とその中央にそびえる阿蘇五岳の間は草原になっています。

P1170409_R_R

上の写真は阿蘇五岳のうちの根子岳

阿蘇の噴火口を持つのは中岳。この山は現在活動中で煙が上がっていました。

このため火口への登山は難しいとの判断で別府へ変更、しかし阿蘇五岳は見たい。

P1170416_R_R

それで遠くから阿蘇五岳が見える「エルパティオ牧場」で昼食。

P1170414_R_R

阿蘇を見ながらのバーベキューをいただきました。

NEC_0099_R_R

P1170400_R_RP1170401_R_R

溶岩プレートを熱して、肉野菜を焼く。

悲しいかな皆ビールは飲めない。(自粛している人、止めるられている人)

NEC_0100_R_R

満腹になったらまた次の観光地へキャンピングカーを走らせます。

次回は2日目後半の旅をお楽しみに...(続く)


関連記事:

1.「キャンピングカーでの旅 - 別府明礬温泉

2.「キャンピングカーでの旅 - 大瀑布と牧場

3.「キャンピングカーでの旅 - 大吊橋とスペイン料理

4.「夢の列車 クルーズトレイン ななつ星

5.「クル-ズトレインななつ星 - 動画


☆ランキングサイトへの応援クリックよろしくお願いします☆
にほんブログ村 ブログランキング
プロフィール

やっちん

記事検索
アーカイブ
アクセスカウンター

    ギャラリー
    • 平成最後の素敵な桜
    • 平成最後の素敵な桜
    • 平成最後の素敵な桜
    • 平成最後の素敵な桜
    • 平成最後の素敵な桜
    • 2018年 年末に思うこと
    • 2018年 年末に思うこと
    • 2018年 年末に思うこと
    • 2018年 年末に思うこと
    • 2018年 年末に思うこと
    • 2018年 年末に思うこと
    • 2018年 年末に思うこと
    最新コメント
    QRコード
    QRコード