力いっぱい輝ける日を

素晴らしい景色を見に、おいしい食べ物を食べに、日本にないものを探しに いつまでも、いつまでも海外に出かけたいと思っています。

バイエルン

RWT6 - ミュンヘンのレジデンツ博物館

DSC_6806_R

Round-the-world trip 第6回世界一周の旅 2018年4月編

最後の訪問場所は、ミュンヘンのレジデンツ博物館

このレジデンツは、旧バイエルン王国ヴィッテルスバッハ王家の王宮です。

2018-04-27-12-54-09_R

いきなりこの広さ、そして絢爛さ。

2018-04-27-12-54-41_R

ドイツ最大のバイエルン王国の住居だっただけに、そのすごさに圧倒されます。

2018-04-27-12-54-52_R

天井までこの通り。

2018-04-27-12-55-10_R

そして、中の宝物の展示もすごい豪華。

2018-04-27-13-05-43_R (2)

2018-04-27-13-05-51_R

2018-04-27-13-17-30_R

2018-04-27-13-18-13_R

2018-04-27-13-26-42_R

2018-04-27-13-30-07_R

2018-04-27-13-31-17_R

2018-04-27-13-31-50_R

2018-04-27-13-34-09_R

2018-04-27-13-34-45_R

2018-04-27-13-35-55_R

2018-04-27-13-36-25_R

言葉に表せない、全てを圧倒する凄さがここにはありました。


RWT6 - 市庁舎の地下でランチ

DSC_6673_R

Round-the-world trip 第6回世界一周の旅 2018年4月編

何度見ても飽きないミュンヘンの市庁舎

その向こうに映るフラウエン教会の2つの塔

DSC_6763_R

市庁舎の地下はレストランになっていて、Ratskellerと呼ばれいてます。

ここが観光客の気持ちをとらえていて、

ドイツの素敵な空間と典型的なババリア料理を提供してくれます。

(ババリアとはバイエルン、つまりミュンヘンがあるバイエルン州のことです。)

2018-04-27-14-05-46_R

2018-04-27-14-05-51_R

いい雰囲気でしょ。

私が初めてミュンヘンを訪れてきたときに行ったレストランであり、

ミュンヘンに住んでいたときに、多くの知人を連れて行ったレストランです。

2018-04-27-14-13-39_R

これは、「シュヴァイネハクセ」という料理

豚のすね肉を皮のまま焼いた料理です。

皮がパリパリだとよく料理本に書かれていますが、

実際はガチガチ、なかなかナイフで切るにも力がいるくらい固い

2018-04-27-14-13-46_R

そしてこれは、「シュヴァイネブラーテン」

豚を焼いた後に煮込んだ料理です。

「シュヴァイネハクセ」に比べ、煮込んでいるので肉が(皮が)柔らかくなっていて

しかもスライスしているので食べやすい。

2018-04-27-14-13-05_R

付け合わせで出てくるのが、「ザワークラウト」

ドイツにおけるキャベツの漬物。「すっぱいキャベツ」といった意味ですが、

日本の漬物でもないし、すっぱいという味でもない、ほんの少し歯ごたえのある

こうした油もの料理と相性抜群の食べ物です。

2018-04-27-14-05-29_R

たくさんの塩がついた「プレッツェル」(ドイツ語:Brezel: ブレーツェル)と

2018-04-27-14-05-37_R

「ヴァイスビール」(白ビール、あるいは小麦ビールの意味が有力)

これらをゆっくり、大声を出し笑いながら食べる...

ドイツのゆったりとした流れを思い出します。

2018-04-27-15-00-28_R

食事の締めは「シュナップス」

「シュナップス」とは、ドイツで飲まれている無色透明で

アルコール度数が高い蒸留酒の総称です。

2018-04-27-14-58-04_R

でも、こんなにたくさんの中から選べと言われても...

取り合えずメニューの上の方の無難なものを選びました。

満腹、満足、ごちそうさまでした。

三度目の欧米 - ハイデルベルク その2

DSC_2183_R

エリザベス門をくぐり、更にハイデルブルク城の中へ進む

DSC_2188_R

これが城の表面を覆う石、修復用として多数のものが置いてありました。

年月が経つと石の表面は変色しますが、内部は赤い色

このため、表面を磨けば鮮やかな赤が蘇ることになります。

DSC_2203_R

DSC_2206_R

城の中には広場がありました。

DSC_2213_R

この建物は4階建て以上のようですが、実際は破壊され表面のみが残っているようです。

有料の英語ガイドツアーに参加

DSC_2208_R

有料で入れるエリアについても、建物は破壊されています。

DSC_2209_R

しかし、一部のエリアのみ内装を見ることができました。

DSC_2216_R

このような大きな城、残っている部分はやはり昔の巨大な力を感じさせる

素敵な装飾を見ることができます。

DSC_2218_R

ガラス窓

左は神聖ローマ帝国のころの国旗?

右は水色のチェックがあり、ミュンヘンのあるバイエルンの影響を受けていたのでしょうか?

DSC_2215_R

英語の解説は残念ながらその半分も理解することができずツアーは終了。

そして、城内にある、世界で一番大きいブドウ酒の樽を見に行きました。

IMG_6423_R

これ大きいですね。

でもこれが世界一ではありません。(世界で2番目?)

DSC_2220_R

世界で2番目?の樽の横にある、ブドウをつぶす臼?

IMG_6424_R

これが世界一です。

大迫力。

DSC_2189_R

DSC_2194_R

DSC_2198_R

DSC_2199_R

DSC_2236_R_R

DSC_2247_R

DSC_2245_R

DSC_2246_R

その後、ハイデルブルクの街中やカール・テオドール橋、美女の写真を納め、

フランクフルトに戻って参りました。

DSC_2253_R

夕食は日本食レストラン、IWASE

DSC_2255_R

ドイツ人の知人にお好み焼の具を説明

シーフードたっぷり、泳ぐかつお節

こうした英語の説明、結構面白いですよ。

ドイツ人の知人はSONYのXPERIAやTOYOTA車を持つ

大の日本びいきですから、こっちも説明のしがいがあります。

DSC_2254_R

知人にトロをたくさん食べさせ、おなかいっぱいとなりました。

明日はアメリカ移動です。

旅は続く...

三度目の欧米 - 出発
三度目の欧米 - ヘルシンキへ
三度目の欧米 - ラッペーンランタ
三度目の欧米 - 国境の地 ラッペーンランタ
三度目の欧米 - 久々のミュンヘン
三度目の欧米 - ミュンヘン2日目
三度目の欧米 - フランクフルトへ移動
三度目の欧米 - フランクフルトで寛ぐ
三度目の欧米 - ハイデルベルク
三度目の欧米 - ハイデルベルク その2
三度目の欧米 - アメリカのオハイオ州へ移動
三度目の欧米 - シカゴに戻る
三度目の欧米 - ついに帰国


☆ランキングサイトへの応援クリックよろしくお願いします☆
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ ブログランキング    九州ランキング

バイエルン福岡 懐かしの味に感動

ブログネタ
お土産&持って帰れる食事 に参加中!
33_R

バイエルン福岡

それは福岡市にある、日本で初めて、ドイツ・ブンデスリーグ名門の

FCバイエルン・ミュンヘン”のオフィシャル・ライセンスを取得した、

スポーツバー&レストラン「バイエルン ミュンヘン」のスポーツバーです。

59_R

ついに、このお店に来ることができました!!

12_R

4年暮らしたドイツ南部の都市 ”ミュンヘン” 人口は130万人ほど

この街は私の年齢以上では ”ミュンヘンオリンピック” として記憶されていると思います。

しかし今の若者は サッカー ”FC バイエルンミュンヘン” としての認識でしょう。

バスティアン・シュヴァインシュタイガー」 私大好きです!(オリヴァー・カーンも大好きですが)

この日のお目当てはサッカーではなく、「ドイツ料理」

25_R

ドイツから帰国してすぐ、博多三越の地下にドイツの有名レストラン

”ケーファー”の直営店を発見し、ここのハムやパンを食べたのですが、

すっかり日本化してしまっていてガッカリ。

それ以降ドイツ料理を求めることもなく過ごして、帰国からはや3年経過。

”硬いパンに豚料理”、質素なドイツ料理が懐かしく思える日々。

そして訪れたのが「バイエルン福岡」です。

35_R

パンはゼンメル。 ドイツよりは軟目ですが、塩が効いててドイツ風。

58_R

キノコスープ。 (マッシュルーム??)

06_R

サラダ。

18_R

シュバイネ・ブラーテンとザワークラウト。 (豚肉の煮込みとキャベツの漬物)

32_R

私のランチはリゾットでした。(でもハムはドイツ風、パプリカ入っててグッド!)

49_R

食後にブレッツェルをお持ち帰りで注文。

これ、岩塩がまぶしてあって、普通の人は塩辛くて食べれないと思うんですが、

その塩味とパンのモッタリとした食感がドイツビールにとても合うんです。

11_R

何とも ウハウハな食事でした。

ごちそうさま。


☆ランキングサイトへの応援クリックよろしくお願いします☆
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ ブログランキング    九州ランキング

プロフィール

やっちん

記事検索
アーカイブ
アクセスカウンター

    ギャラリー
    • 平成最後の素敵な桜
    • 平成最後の素敵な桜
    • 平成最後の素敵な桜
    • 平成最後の素敵な桜
    • 平成最後の素敵な桜
    • 2018年 年末に思うこと
    • 2018年 年末に思うこと
    • 2018年 年末に思うこと
    • 2018年 年末に思うこと
    • 2018年 年末に思うこと
    • 2018年 年末に思うこと
    • 2018年 年末に思うこと
    最新コメント
    QRコード
    QRコード