力いっぱい輝ける日を

素晴らしい景色を見に、おいしい食べ物を食べに、日本にないものを探しに いつまでも、いつまでも海外に出かけたいと思っています。

レストラン

ドイツ旅行2018秋 フランクフルトに到着

2018-11-14-20-19-53_R

フランクフルト空港に到着。

2018-11-14-20-19-49_R

フライト前にレバーケーゼ食べたのに、お腹が減って空港のレストランへ

2018-11-14-17-52-12_R

フランクフルトまで来ると、寿司ネタも鮮度抜群。やっと満腹になりました(笑)

RWT6 - 市庁舎の地下でランチ

DSC_6673_R

Round-the-world trip 第6回世界一周の旅 2018年4月編

何度見ても飽きないミュンヘンの市庁舎

その向こうに映るフラウエン教会の2つの塔

DSC_6763_R

市庁舎の地下はレストランになっていて、Ratskellerと呼ばれいてます。

ここが観光客の気持ちをとらえていて、

ドイツの素敵な空間と典型的なババリア料理を提供してくれます。

(ババリアとはバイエルン、つまりミュンヘンがあるバイエルン州のことです。)

2018-04-27-14-05-46_R

2018-04-27-14-05-51_R

いい雰囲気でしょ。

私が初めてミュンヘンを訪れてきたときに行ったレストランであり、

ミュンヘンに住んでいたときに、多くの知人を連れて行ったレストランです。

2018-04-27-14-13-39_R

これは、「シュヴァイネハクセ」という料理

豚のすね肉を皮のまま焼いた料理です。

皮がパリパリだとよく料理本に書かれていますが、

実際はガチガチ、なかなかナイフで切るにも力がいるくらい固い

2018-04-27-14-13-46_R

そしてこれは、「シュヴァイネブラーテン」

豚を焼いた後に煮込んだ料理です。

「シュヴァイネハクセ」に比べ、煮込んでいるので肉が(皮が)柔らかくなっていて

しかもスライスしているので食べやすい。

2018-04-27-14-13-05_R

付け合わせで出てくるのが、「ザワークラウト」

ドイツにおけるキャベツの漬物。「すっぱいキャベツ」といった意味ですが、

日本の漬物でもないし、すっぱいという味でもない、ほんの少し歯ごたえのある

こうした油もの料理と相性抜群の食べ物です。

2018-04-27-14-05-29_R

たくさんの塩がついた「プレッツェル」(ドイツ語:Brezel: ブレーツェル)と

2018-04-27-14-05-37_R

「ヴァイスビール」(白ビール、あるいは小麦ビールの意味が有力)

これらをゆっくり、大声を出し笑いながら食べる...

ドイツのゆったりとした流れを思い出します。

2018-04-27-15-00-28_R

食事の締めは「シュナップス」

「シュナップス」とは、ドイツで飲まれている無色透明で

アルコール度数が高い蒸留酒の総称です。

2018-04-27-14-58-04_R

でも、こんなにたくさんの中から選べと言われても...

取り合えずメニューの上の方の無難なものを選びました。

満腹、満足、ごちそうさまでした。

この逸品 - 銀次郎のステーキ

DSC_5591_R

北九州市八幡東区にある、「銀次郎のステーキ」

DSC_5589_R

以前はステーキハウスというよりは、町の定食屋

CM171210-114359004_R

それも肉にかなりこだわりを持った店、

だから求める客にはとことん応える。

写真は「唐揚げテラ盛り定食」

そんなお店だったのに、最近はとてもオシャレになりました。

DSC_5592_R

店の外観こそ昔風ですが、そういえばメニューの写真が大きく、

おいしそうになってきたな。

DSC_5593_R

店内は立派なステーキレストラン風

DSC_5594_R

ワインも飲めますよ!

552MBJTPbhSKCXYtAWBTJ1BX_R

で、頼んだメニューは

DSC_5596_R

サーロインステーキ定食、肉300g、ご飯大盛



CM171210-114706001_R

素敵なステーキの逸品が味わえる店

是非あなたも行ってみてください。


☆ランキングサイトへの応援クリックよろしくお願いします☆
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ ブログランキング    九州ランキング

シンガポール・インドへの旅 - クラーク・キー

DSC_4848_R

シンガポール空港で、預け荷物は出てこなかったものの、

チェックインしたホテルは、ノボテル クラーク・キー シンガポール

遠くには、マリナー・ベイ・サンズが見えるばかりでなく、

ホテルのすぐそばにシンガポール川が流れ、その川添いには

レストランやバー、クラブやカフェが並ぶ、観光スポットでもある

クラーク・キーがあります。

DSC_4850_R

DSC_4849_R

ここにも寿司、焼肉、焼き鳥といった日本語が並び。。。浸透してますね、日本の文化も。

で、予約したレストランはここ、オクタパ(Singapore Octapas)

DSC_4852_R

DSC_4855_R

シンガポール川は目の前、遊覧船も数多く行き交っています。

DSC_4856_R

DSC_4865_R

DSC_4860_R

DSC_4861_R

夜がまた絶景

かなり酔ってましたが、周辺を散策

DSC_4866_R

DSC_4870_R

DSC_4868_R

そしてホテルへ戻りました。

フロントへ戻ると、やはり預け荷物は届けられておらず、

24時間体制というシンガポール航空のサービスセンタへ電話

予想通りの当てにならない窓口担当、英語での粘り強い交渉により、

夜10時45分に荷物は無事ホテルに届きました。

一安心、長い7月5日でありました。

旅は続く...

シンガポール・インドへの旅 - 荷物が出てこない
シンガポール・インドへの旅 - クラーク・キー
シンガポール・インドへの旅 - マーライオン公園
シンガポール・インドへの旅 - バンガロール
シンガポール・インドへの旅 - インドでゴルフ
シンガポール・インドへの旅 - 帰国
シンガポール・インドへの旅 - インド恐るべし



☆ランキングサイトへの応援クリックよろしくお願いします☆
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ ブログランキング    九州ランキング

和布刈公園でイノシシに遭遇

DSC_4777_R

久々に門司駅→門司港レトロ地区から和布刈(めかり)公園にかけて走ってきました。

DSC_4778_R

この地区は海峡を挟み向かいが下関

景色がいいし、潮風もいい

DSC_4779_R

DSC_4781_R

北九州市の観光大使、ロバート秋山のお父さんが経営する

海賊船レストラン


DSC_4784_R

芋洗坂係長のお姉さんが切り盛りする清見食堂

以前、私もここで芋洗坂係長とツーショット

DSC_4790_R

DSC_4801_R

DSC_4806_R

「九州最北端」の旗がたなびく和布刈神社

結構走ったので、和布刈地区から門司港レトロ地区へ戻ろうとした時、

DSC_4809_R

怪しい姿を発見

DSC_4810_R

え、マジですか?

こんな所に、あなた、います?

DSC_4811_R

睨まないでくださいよ!

恐る恐るその場を離れたのでありました。

DSC_4815_R

夕食はしゃぶしゃぶ

DSC_4814_R

決してイノシシ肉ではありません。

牛、豚肉のしゃぶしゃぶをいただき、

久々20Kmランニングの疲れを癒したのでありました。


☆ランキングサイトへの応援クリックよろしくお願いします☆
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ ブログランキング    九州ランキング

プロフィール

やっちん

記事検索
アーカイブ
アクセスカウンター

    ギャラリー
    • 平成最後の素敵な桜
    • 平成最後の素敵な桜
    • 平成最後の素敵な桜
    • 平成最後の素敵な桜
    • 平成最後の素敵な桜
    • 2018年 年末に思うこと
    • 2018年 年末に思うこと
    • 2018年 年末に思うこと
    • 2018年 年末に思うこと
    • 2018年 年末に思うこと
    • 2018年 年末に思うこと
    • 2018年 年末に思うこと
    最新コメント
    QRコード
    QRコード