力いっぱい輝ける日を

素晴らしい景色を見に、おいしい食べ物を食べに、日本にないものを探しに いつまでも、いつまでも海外に出かけたいと思っています。

下関

山の田ラーメン 最終日に一番乗り

DSC_1467_R

人にはどうしても、もう一度訪れたい場所がある。

早朝わんこの散歩を終え、その場所に自転車で行ってみることに。

DSC_1469_R

その場所は竹の子島

下関の南風泊漁港の横の小さな島です。

DSC_1475_R

私の住む北九州市若松から竹の子島に行くには、

まず九州北端の門司港へ向かいます。

そこから対岸の下関に渡り、下関の西にある彦島に渡って、

その西端が竹の子島です。

Map03

まずは関門橋のそばの、「ノーフォーク広場」まで車で移動

DSC_1480_R

自転車が通行可能な関門トンネルを通って、対岸の下関に渡ります。

トンネル代は人は無料、自転車は20円

DSC_1482_R

重厚なエレベータを降りると、対岸下関へ通じる通路があります。

DSC_1485_R

なんとここは「国道2号線」なんですね。

この通路は正に関門トンネルの車道の真下にあたります。

DSC_1486 (2)_R

関門トンネル人道の途中にある県境

DSC_1490_R

そして対岸に到着

DSC_1493_R

さ、ここから竹の子島へ自転車走らせますよ。

DSC_1512_R

で、着いたのがここ。

左は彦島、右が竹の子島

この狭い海峡、干満で潮の流れが早く、なんか魚が釣れそうなんです。

DSC_1509_R

この行き止まりになっている道路の端

昔は向こうからこちらに橋がかかってたんでしょうね。

このブロックからよく釣りをしていました。

訪れたい場所を見た後は、一路下関の名店へ

DSC_1520_R

DSC_1522_R

美しい海の景色を眺めながら自転車で移動し、ついに目的の「山の田ラーメン」へ

ここは「北九州ラーメン王座選手権」の2015、2016の2連覇中のお店

この名店が移転するので、この「山の田」の地での営業は本日まで。

そりゃ行くしかないでしょう。

DSC_1526_R

で、到着。

DSC_1527_R

「やはり本日最終日」かー

じゃあ、早速...

え、開いてない。

あと40分後に店は開くという。

この辺は知らない土地、時間のつぶし方わかんないし、並んどくか~。

と、店先の椅子にドンっと座り込み、待つこと30分。(ちょい前入店)

わたし、山の田ラーメン最終日、一番乗りでした。

段々長い行列となり、店内へ

DSC_1530_R

チャーシュー麺、煮卵入り

見た目ではわからない、その豚骨スープの絶妙な味加減

本当に柔らかなチャーシュー

麺がストレート麺、こんな豚骨初めて食べた。

毎日食べても大丈夫という、とても美味しいラーメンでした。

さすが選手権2連覇!

DSC_1536_R

そして再び関門トンネル人道をくぐり、北九州の地へ戻ったのでありました。

DSC_1542_R (2)

本日の走行距離、約30Km

お疲れ様でした。


☆ランキングサイトへの応援クリックよろしくお願いします☆
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ ブログランキング    九州ランキング
 

維新・海峡ウォーク2016 - 30Km完歩

DSC_0972_R

維新・海峡ウォーク2016

30Km、無事完歩いたしました。

DSC_0899_R

夜もまだ明けきれぬ6時前に家を出発

DSC_0904_R

特急などを乗り継いでたどり着いたのは山口県小月駅

DSC_0909_R

下関市 吉田小学校が30Kmウォーキングのスタート地点

DSC_0910_R

DSC_0704_R

今回は「Trekkers Shimonoseki」チームを10名で結成しての参加

DSC_0918_R

「のぼり」を持っての出場となりました。

DSC_0911_R

校庭を埋め尽くす、とんでもない人数ですよね。

DSC_0918_R

コースにはたくさんの桜の木々

我々のウォーキングを見守るように、美しいその花びらを散らしています。

「のぼり」は歩き遅れたメンバーの集合目標にもなり、大変役立ちます。

DSC_0926_R

DSC_0936_R

そして国宝功山寺

DSC_0937_R

DSC_0939_R

ここを過ぎると一挙に関門の海へ

DSC_0946_R

遠くには本州と九州を結ぶ関門橋

DSC_0953_R

橋の近くには義経像

DSC_0955_R

DSC_0971_R

そして一挙にゴールのシーモール(下関駅)

DSC_0972_R

ゴールいたしました。

全長30Km

Screenshot_20160410-203603_R

お疲れ様でした。



最後にビデオ


☆ランキングサイトへの応援クリックよろしくお願いします☆
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ ブログランキング    九州ランキング

牡蠣小屋 流王

DSC_0518_R

北九州マラソンの激走からはや一週間

Map1

今回は北九州市の対岸にある下関市

Map2

その南西端の彦島にある 牡蠣小屋 流王 にやって参りました。

DSC_0511_R

北九州市から下関へ行くには、関門橋を通るか、関門トンネルを通るかの2択

今回は関門トンネルのルート

トンネルの入り口には下関の代名詞 河豚の絵が書かれています。

DSC_0513_R

到着した牡蠣小屋の眼の前は小瀬戸の海峡

DSC_0515_R

活きの良いさかなもこの牡蠣小屋の売りのひとつ

DSC_0516_R

地元の彦島牡蠣も置いてあるのですが、

DSC_0520_R

この店の面白いところは、いろんな産地の牡蠣の食べ比べができるところ

DSC_0527_R

広島牡蠣、豊前海一粒牡蠣、佐賀牡蠣など

大きさや甘さの違いがあって、ついつい食べ過ぎてしまいます。

DSC_0529_R

牡蠣飯は300円

前もって牡蠣で出しを取ったスープで炊き込む牡蠣飯は最高の味

DSC_0522_R

地元の活きのよいタコ刺しを食べながらビールもすすみます。

DSC_0532_R

食べて飲んで約3000円

DSC_0534_R

今回は満腹となりました。

ごちそうさまでした。


☆ランキングサイトへの応援クリックよろしくお願いします☆
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ ブログランキング    九州ランキング

角島ウォーク - 空中散歩

ブログネタ
★自分にとっては大切なこと★ に参加中!
Map1

先日歩いた下関市豊北町の角島

あまりに気持ちよく歩けたので、歩いた軌跡を使って空中散歩のビデオを作ってみました。




☆ランキングサイトへの応援クリックよろしくお願いします☆
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ ブログランキング    九州ランキング

門司港レトロを走ってきた

ブログネタ
走る!!! に参加中!
DSC_0231_R

「北九州マラソン2014」まで残り1週間

この週末も、大会に出場する友人のサポートとして走り込みを実施。

場所は本州の下関と九州の門司を結ぶ関門橋の下から

門司のレトロ地区を抜け、小倉方面へ。

関門海峡に沿った、北九州マラソンのコースを走りました。

友人との集合場所は関門橋の下のノーフォーク広場。

DSC_0211_R

私のスタイルは先日購入した黒と赤のランニングシューズ

そして、福袋で購入したランニング用のズボン(黒)と靴下(赤)

なかなか似合ってるじゃないか、なんて思いながら今日が靴のデビュー日。

すると、友人も車から降りてきて...

DSC_0212_R

「え、それ同じ靴やないか!?」

「おれも黒と赤のウェアが多いので赤っぽい靴買うと言いよったやろ!」

しかも彼の靴も本日デビューだそうです。

違うのは0.5cmのサイズだけ。

流石ですな、この友人とは中学からの長い深い付き合い。

背丈も体重もほぼ同じ。まるで浜田と松本の漫才コンビやね。

DSC_0218_R

レトロ地区の跳ね橋を渡り、

DSC_0220_R

海峡に沿って走りました。

流石に大会の1週間前。多くのランナーとすれ違います。

軽く走ったあとは、関門トンネルへ。

DSC_0234_R

関門橋の橋脚の傍に、いくつかのゴツイ扉のエレベータがあります。

これを下ると、関門トンネルを通り、本州の下関へ行くことができます。

DSC_0236_R

料金は人は「無料」、自転車は「20円」(トンネル内は乗ってはいけません)

700m位あるので、雨天のジョギングコースとしてはとても有効な施設ですね。

DSC_0247_R

途中に県境の印があります。

DSC_0242_R

トンネルの先のエレベータを上がると、そこはもう本州

関門といえば源平合戦

八艘飛びの義経の像があります。

DSC_0246_R

また、長州が英国船へ攻撃を行ったキャノン砲の模型も

設置されていました。

DSC_0243_R

来週は少し寒波と小雨がある見込みです。

DSC_0245_R

マラソン当日は何とか良い天気となりますように!


☆ランキングサイトへの応援クリックよろしくお願いします☆
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ ブログランキング    九州ランキング
プロフィール

やっちん

記事検索
アーカイブ
アクセスカウンター

    ギャラリー
    • 平成最後の素敵な桜
    • 平成最後の素敵な桜
    • 平成最後の素敵な桜
    • 平成最後の素敵な桜
    • 平成最後の素敵な桜
    • 2018年 年末に思うこと
    • 2018年 年末に思うこと
    • 2018年 年末に思うこと
    • 2018年 年末に思うこと
    • 2018年 年末に思うこと
    • 2018年 年末に思うこと
    • 2018年 年末に思うこと
    最新コメント
    QRコード
    QRコード