力いっぱい輝ける日を

素晴らしい景色を見に、おいしい食べ物を食べに、日本にないものを探しに いつまでも、いつまでも海外に出かけたいと思っています。

佐賀空港

激走 北九州マラソン2015

ブログネタ
最大何km走ったことある? に参加中!
3729

北九州マラソン2015

前日のマラソン受付日は時折雨が降る天候でしたが、

大会当日のスタート時間9時から、大会終了の15時までの間

北九州は奇跡的にも雨は止みました。

ただ気温が低く風が強いので、後半の海沿いを走ることを考えると

先が思いやられるなという天候

3740

安川電機所属でロンドンオリンピックのマラソン入賞選手

中本健太郎さんと誓った、目標タイム4時間30分

3801

新春マラソンで20Kmデビューを果たした親友M

残念ながら北九州マラソンの抽選に漏れたのですが、

今回は応援と写真撮影に徹してくれました。

3803

仲間内でも一番マラソン歴が長い親友K

抽選で漏れたものの、敗者復活で今回繰り上げ出場となり

昨年みごと完走を果たした実力発揮となるか?

3805

そして、私 やっちん

今回+500円の費用を払い、名前入りゼッケンを注文

3809

親友Kの訳の分からない長い講釈で肝心の大会集合時間に遅れること2分

もう少しで走る前に失格になるところでした。

慌てて出場エリアに駆け込んだため、ゲストである有森裕子さんが

スタート前のトークをしている最中、両ふくらはぎがつってしゃがみこんでスタートを待つ始末。

この時点で、我々の第一応援ポイントに親友Sと親友KKが待機

そして”LINE”の向こうでは、あの平尾台ウォークに参加してくれた多くの仲間たちが、

DSC_3103_R

また遥か福島県から”LINE”で威勢よく参加してくれた親友F

そしてついに 北九州マラソン2015 スタート

P1170666

思えば走りの原点はこの「佐賀空港 リレーマラソン

この応援に行ったときからウォーキングがランニングに変わました。

50歳からはじめるマラソン入門

そして親友KKにもらったこの1枚 「50歳から始めるマラソン入門

1万人のランナーがスタートするには時間がかかります。

スタートの合図があった9分後、やっと私はスタートラインをまたいで

現地応援団と”LINE”メンバーが待つ、第一応援ポイントへ走りだしました。

約2Kmほど走ったところで、「やっちんさん、頑張って!!」

歩道の方を振り向くと佐賀空港のメンバー。

彼は最後の長距離練習27Km走では夫婦で練習に付き合ってくれました。

「やっちんさん、頑張って!!」

振り向くと知らない老夫婦。「ありがとうございます。頑張ってきます!」

とは言ったが、いったい誰だろう?

そういえば、大会パンフレットに書いてあった。

「ゼッケンに書いてある名前で応援してみては!」

そうなんだ、記念にと思ってゼッケンに名前を書いてもらった。

それで名前で応援してくれているんだ。

そして第一応援ポイントへ到着。

ここには親友M、S、KK、そして”LINE”の仲間たち

うれしくて涙が出る前にそこを走り去る。

そしてなだらかな登り。ここでまた12月末に痛めた右ひざ後ろの

ふくらはぎの付け根が痛みだす。

辛抱で堪えるしかない。

なお周りからは、「やっちんさん、頑張って!!」の応援

「ありがとう」

会社がサポートしている給水ポイントでも多くの知人が声をかけてくれる。

そして親友Mが第一応援ポイントから先回りしていた

第二応援ポイントへ

400

ここからは市内電車で通った高校時代の通学路へ

3860

今はレールが撤去されたこの道を自分の足で走る。

母校の小倉高校が見えてきて、ここまで来たよと”LINE”の仲間へ写真を送る。

892

親友Sと親友KKが待つ第三応援ポイント、小倉駅北口

ここまで20Km

写真を撮ってもらったあと、両ふくらはぎが痛くてうずくまる。

もうだめかも。

「ハーフの大会も出たんだからせめて目標の門司駅25Km地点まで」

止まるとたどり着かない、この道の上では誰も何もいってくれない世界

親友Kがあみだしたダラダラ走りで距離を稼ぐ

そしてなんとか25Kmと第6関門を通過

なんども給水、そして栄養源を得ようとするが、遅い通過者には

バナナしか残されていない。

そんなとき、「ミカンどうぞ」と個人的にボランティアをやってる人が声をかけてくれた。

「チョコもありますよ」

「ありがとう」少し息をふき返すも、関門海峡の冷たい強風が体を冷やす。

次の第四応援ポイントは片上海岸、ここで現地応援メンバーM、S、KKがみんな待ってる。

でも、もはやここまで

もう走れない。

と、そのとき SとKKが気を利かせ、第四応援ポイントの方向ではなく、

私がまだ走っているであろう反対方向へ移動してきてくれていた。

936

KKがくれたあったかい甘いコーヒー

「もうすぐそこが第四応援ポイント、行ける、頑張れ」とSが叫ぶ。

「わかった!」

走りだすも、足がもつれ、でもフラフラしながらも第四応援ポイントに到着

502

「着いたぜM、ここまで来たよ」

さすがにこの辺が地力の限界

DSC_1527_R

6分の差で第7関門は通過できず、30Km走った時点で自らのゴールへ到着

中本健太郎さんと誓ったゴールまで4時間30分を切る

4時間14分でゴールしました。(大会ゴールではなく私のゴールへ到着)

私の北九州マラソン2015は幕を閉じました。

悔いはない。悔いなどあるはずがない。

こんな素敵な北九州マラソンができた幸せ者は僕だけだったんだから。

Map2

幸いなことに、この1年苦楽を共にし練習してきた親友Kは見事ゴールしました。

大会終了後はもちろん食事

DSC_1536_R


焼そば専門店 想夫恋でやきそば

お店の中は風も無く、寒くも無く、椅子に座ってあったかな食事。

幸せな空間でした。

応援団の皆さま、そして北九州の皆さま、そして大会を運営してくださった皆様

本当に素晴らしい大会をありがとうございました。


☆ランキングサイトへの応援クリックよろしくお願いします☆
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ ブログランキング    九州ランキング

「走る」ことにしました

ブログネタ
市民ランナー に参加中!

Mapmyrun20131209

心の病から抜け出し「歩き」始めた私ですが、大きな二つの出来事があって「走る」ことにしました。

一つ目の理由は、「第67回福岡国際マラソン選手権大会

市民ランナーの川内優輝選手の激走、残念ながら3位ではありましたが、

あの苦しそうに走る姿が人間らしくて輝いていて素敵でした。

そしてゴールまじかの顔。気づいた方がどのくらいいたかわかりませんが、

戦いを終えるまじかに見せた爽やかな笑顔で走る川内選手の力走。

特定のスポーツだけに身を置き練習するという、甘い環境でスポーツを極めるのではく、

通常の社会人と同じ生活の場に身を置き、残された自由時間を使って

そのスポーツに磨きにかける、これこそが世界中のほとんどのスポーツマンなのではないでしょうか。

だからこそ彼のスポーツ魂には素晴らしさがある、同じ環境で彼にかなう走者がいるでしょうか?

大会は福岡市、私は北九州市の西側に住み、特急を使うと福岡市まで30分。

応援に行ける距離でありながら、何故応援に行かなかったのか悔やまれる大会でした。


二つ目の理由は、「リレーマラソン」

複数人で参加する「リレーマラソン」というものがあることを、つい先日親友から教えてもらいました。

旅行会社である”JTB”が主催しているということで不思議なマラソン大会だと思ったのですが、

そのマラソンには「佐賀空港」の滑走路を走るという桁外れな大会もあるとのこと。

そこで早速別の親友へ連絡してみると、なんと彼はそのマラソンに申し込み済みで、

まさにその滑走路を走るというではないですか!! (第1走者のみ滑走路の走行が可能)

大会名は「がばいマラソン!2013 有明佐賀空港リレーマラソン

開催日は 2013年12月15日(日) もう目の前。

こんなの、「出たい!!」

でも、マラソン大会というのは必ず制限時間というのがあり、今の私の実力で参加は無理。

なので、次の何かの大会に出場できるよう、「歩き」から「走り」に変えようと決意した次第です。

まずは約4Kmの短距離ですが、アップダウンが少しある場所で走ったのが上の結果です。

1回目が34分28秒、2回目が28分56秒、そして今回の3回目が26分39秒

走った後の筋肉痛の回復も段々早くなってきました。

ちなみに川内選手は10Kmを30分で走ります。(倍返しだ!? 倍にもなってないか...)

私もこれから市民ランナー(そういうと恰好いいな~)として頑張って走ります。

佐賀空港には応援に行く予定、楽しみです!!


☆ランキングサイトへの応援クリックよろしくお願いします☆
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ ブログランキング  

プロフィール

やっちん

記事検索
アーカイブ
アクセスカウンター

    ギャラリー
    • 平成最後の素敵な桜
    • 平成最後の素敵な桜
    • 平成最後の素敵な桜
    • 平成最後の素敵な桜
    • 平成最後の素敵な桜
    • 2018年 年末に思うこと
    • 2018年 年末に思うこと
    • 2018年 年末に思うこと
    • 2018年 年末に思うこと
    • 2018年 年末に思うこと
    • 2018年 年末に思うこと
    • 2018年 年末に思うこと
    最新コメント
    QRコード
    QRコード