力いっぱい輝ける日を

素晴らしい景色を見に、おいしい食べ物を食べに、日本にないものを探しに いつまでも、いつまでも海外に出かけたいと思っています。

糖尿病

目の治療 - 手術終了

ブログネタ
医療・病気・治療 に参加中!
DSC_1544_R

白内障の手術、無事終わりました。

DSC_1564_R

手術しても翌日の診療が必要なため、時間が許せば入院がベスト

DSC_1557_R

技術の進歩で日帰りも可能になった白内障の手術ではありますが、

私は手術後にそのまま入院することを選択しました。

特に、今回は海外出張北九州マラソンとの日程調整を経ての手術。

この病院の先生には私のいろんな状況を説明して、

手術日の調整をしてもらいました。

結構面倒な患者だっと思います。

DSC_1548_R

手術前に通された病室

個室でした。

そこには温かい手書きの文字が。

眼の手術というのは想像しただけでも怖いですよね。

このような配慮は心を落ち着かせてくれます。

そして手術。

時間は15分程度だったでしょうか。

DSC_1555_R

そして術後の点滴

そういえば、前の入院は30年くらい前の盲腸

今では高血圧やら沢山の内科的疾患を背負っておりますが、

意外にも健康に暮らしていたんですね。

テレビもない病室での楽しみは食事

父もこの病院で両眼の白内障手術をしているので、

「ここの病院食は弁当だよ」と言われていましたが、

夕食はこんな感じ

DSC_1560_R

なんか旅館に来たみたい。

お代わりをしたいくらいだったのですが、

「持病が糖尿病もあるということだったので、ご飯は少なめです。」と言われた。

さすが病院、患者の状況を見抜いてる!

気が張っていたからか、夜10時には就寝

そして朝食

DSC_1567_R

いやぁ、これだけバランス食をとれれば糖尿病まで克服できそうですね。

DSC_1570_R

「おはようございます」との文字に朝から感動

視力は0.5から1.0へ、遠くは良く見えるようになりました。

白内障による日光のまぶしさから解放され、

無事退院いたしました。


☆ランキングサイトへの応援クリックよろしくお願いします☆
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ ブログランキング    九州ランキング

目の治療 - 検査

ブログネタ
健康ナビ に参加中!
20141108_082910_268_R

前回の通院で言われた検査のため、再度病院へ行ってきました。

結果、糖尿病からくる白内障でないことがわかり、

手術の日を決めることとなりました。

「手術は12月のこの日ですから」と病院の人。

え、そんなの一方的に決めないで欲しい。

私の希望は2週間後。

なんで患者の希望も含めて日を決めようとしないのか?

「手術が多くて11月は空いていないんですよ」

じゃあそれをまず説明して12月の話を切り出してよ。

12月は長期出張予定でこっちが空いてないよ。

じゃあ1月しかないですね。

「1月は年が明けてから決めます。」

なんなの?この病院の人。

随分先の手術日なのに、なんでこう患者を不愉快にさせるかな、この病院。

飽きれました。


検査は瞳孔を開く目薬をすることから始めたのですが、

この目薬は約5時間で効果がなくなってくるとの説明を受けました。

しかし、2日経った今でも右目が前よりもまぶしい状況です。

やっぱり早く手術を済ませたいですね。


☆ランキングサイトへの応援クリックよろしくお願いします☆
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ ブログランキング    九州ランキング

目の治療 - やっぱり

ブログネタ
医療情報 に参加中!
DSC_2460_R

「ああ、これは白内障だ。はやく手術しないと」

診療開始から、ものの1分

結構ズバッと所見を言われ、「やっぱりな」という言葉を心でつぶやく私。

前から気になっていたこと、

かなり白内障が進んでいるのではないか?

DSC_2458_R

親からの遺伝もあって、糖尿病の治療を長いことやっています。

糖尿病が進むと合併症で目が見えなくなる話も聞くので、

ドイツに住んでいた時に一度目の検査に行ったことがあります。

調べてみると、それは約四年前のこと。

日本に帰って来てから、少し右目に靄がかかったり、

光が異常にまぶしかったりするので、一度眼科に行ったんですが、

「糖尿性白内障の可能性があるね」と言われたのが2年前?

とりあえず目薬をもらいました。

症状も生活に支障があるほどではなく、仕事も忙しい上、その病院が小さくて手術することが

恐らくできないであろうと思い、そのまま時間が経過。

DSC_2457_R

だだ今年配属になった新しい職場の座席が大きな窓の近くで

陽の光を右から浴びることになり、また青空のもとランニングをやるようになって、

かなり右目の靄が生活の上で限界になってきました。

ランニングの時にいつもサングラスをかけているのは、まぶしい光を避けるため。

それで昨日眼科へ行ったところ、受付をしてからものの30分で手術の宣告

「見た目では糖尿病からくる白内障ではないようだが、

次回は瞳孔を広げて検査をするので、車では来ないでください」、と説明を受けました。

私の主治医で某病院の医院長である親友に相談すると、

「手術はものの10分もかからんよ、大したことはない」

え、異物を私の眼の中に入れる手術になるんですけど!

とはいえ、まずは検査で手術可能な結果がでることを祈らねばなりません。

来週出張があるので、検査はその後ですね。

眼の手術、なんか怖いです。


☆ランキングサイトへの応援クリックよろしくお願いします☆
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ ブログランキング    九州ランキング

プロフィール

やっちん

記事検索
アーカイブ
アクセスカウンター

    ギャラリー
    • 平成最後の素敵な桜
    • 平成最後の素敵な桜
    • 平成最後の素敵な桜
    • 平成最後の素敵な桜
    • 平成最後の素敵な桜
    • 2018年 年末に思うこと
    • 2018年 年末に思うこと
    • 2018年 年末に思うこと
    • 2018年 年末に思うこと
    • 2018年 年末に思うこと
    • 2018年 年末に思うこと
    • 2018年 年末に思うこと
    最新コメント
    QRコード
    QRコード