力いっぱい輝ける日を

素晴らしい景色を見に、おいしい食べ物を食べに、日本にないものを探しに いつまでも、いつまでも海外に出かけたいと思っています。

自転車

梅雨前のサイクリングとスムージー

DSC_4511_R

最近は天気も良く、サイクリング日和の日々が続いています。

DSC_4546 (2)_R

私の家は、一級河川の遠賀川の河口近くにあり、

DSC_4545 (2)_R

従ってすぐそこには響灘が広がり、

DSC_4549 (2)_R

釣りや水泳、ボートなどのマリンスポーツが身近に行える恵まれた場所です。

DSC_4555 (2)_R

DSC_4556_R

サイクリングロードが整備されていることから、最近は自転車をこいでいます。

DSC_4574_R

そしてまた海外出張が近づいています。

今回は中国ですが、その次はシンガポールとインド

インドに行くにはビザがいるって知ってました?

世界中どこに行くにもビザがいらなくなってきている日本のパスポート

でも、インドに行くにはビザがいるんですね。

その申請に必要な情報で本籍だの生まれた場所など、久々こんなのを手書きしました。

DSC_4575_R

さて、久々のスムージーの記事

ほうれん草とか、緑系結構やりましたが、やっぱり果物がいいですね。

CM170603-104856001_R

今回はパイン(さぼって缶詰)

CM170603-104906003_R

バナナと牛乳足しました。

CM170603-105323005_R

CM170603-105338007_R

これは外れ無し、なかなかよかったです。


☆ランキングサイトへの応援クリックよろしくお願いします☆
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ ブログランキング    九州ランキング

山の田ラーメン 最終日に一番乗り

DSC_1467_R

人にはどうしても、もう一度訪れたい場所がある。

早朝わんこの散歩を終え、その場所に自転車で行ってみることに。

DSC_1469_R

その場所は竹の子島

下関の南風泊漁港の横の小さな島です。

DSC_1475_R

私の住む北九州市若松から竹の子島に行くには、

まず九州北端の門司港へ向かいます。

そこから対岸の下関に渡り、下関の西にある彦島に渡って、

その西端が竹の子島です。

Map03

まずは関門橋のそばの、「ノーフォーク広場」まで車で移動

DSC_1480_R

自転車が通行可能な関門トンネルを通って、対岸の下関に渡ります。

トンネル代は人は無料、自転車は20円

DSC_1482_R

重厚なエレベータを降りると、対岸下関へ通じる通路があります。

DSC_1485_R

なんとここは「国道2号線」なんですね。

この通路は正に関門トンネルの車道の真下にあたります。

DSC_1486 (2)_R

関門トンネル人道の途中にある県境

DSC_1490_R

そして対岸に到着

DSC_1493_R

さ、ここから竹の子島へ自転車走らせますよ。

DSC_1512_R

で、着いたのがここ。

左は彦島、右が竹の子島

この狭い海峡、干満で潮の流れが早く、なんか魚が釣れそうなんです。

DSC_1509_R

この行き止まりになっている道路の端

昔は向こうからこちらに橋がかかってたんでしょうね。

このブロックからよく釣りをしていました。

訪れたい場所を見た後は、一路下関の名店へ

DSC_1520_R

DSC_1522_R

美しい海の景色を眺めながら自転車で移動し、ついに目的の「山の田ラーメン」へ

ここは「北九州ラーメン王座選手権」の2015、2016の2連覇中のお店

この名店が移転するので、この「山の田」の地での営業は本日まで。

そりゃ行くしかないでしょう。

DSC_1526_R

で、到着。

DSC_1527_R

「やはり本日最終日」かー

じゃあ、早速...

え、開いてない。

あと40分後に店は開くという。

この辺は知らない土地、時間のつぶし方わかんないし、並んどくか~。

と、店先の椅子にドンっと座り込み、待つこと30分。(ちょい前入店)

わたし、山の田ラーメン最終日、一番乗りでした。

段々長い行列となり、店内へ

DSC_1530_R

チャーシュー麺、煮卵入り

見た目ではわからない、その豚骨スープの絶妙な味加減

本当に柔らかなチャーシュー

麺がストレート麺、こんな豚骨初めて食べた。

毎日食べても大丈夫という、とても美味しいラーメンでした。

さすが選手権2連覇!

DSC_1536_R

そして再び関門トンネル人道をくぐり、北九州の地へ戻ったのでありました。

DSC_1542_R (2)

本日の走行距離、約30Km

お疲れ様でした。


☆ランキングサイトへの応援クリックよろしくお願いします☆
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ ブログランキング    九州ランキング
 

サイクリング - 若松を一周

cycle2_R

ロードバイク 始めました。

早いもので、北九州マラソンからもう一カ月以上過ぎてしまいましたが、

あれから一度もランニングのトレーニングは無し。

何か目標というか、目新しいものを見つけることができず、

思い切って手を出したのがロードバイク、そこそこ真面目な自転車の練習です。

DSC_0780_R

友人所有のルイガノ(自転車のメーカー)を長期借り受けるお願いをしました。

「どこ走るかな?」

「休日の朝早くなら、国道も車少ないんじゃない?」

なんてことで、自宅から若松半島一周を計画

まずは洞海湾側を走る筑豊本線の駅を制覇しよう

DSC_0715_R

二島駅

DSC_0718_R

奥洞海駅

DSC_0722_R

藤の木駅

DSC_0729_R

そして、筑豊本線の起点駅、若松駅

私の住む北九州市若松区は、北九州市が誕生する前は若松市

日本屈指の筑豊炭田で掘り出した石炭をこの筑豊本線で若松駅まで運び

日本各地へ積みだした街として栄えていました。

若松駅は日本一の貨物取扱駅にもなっていた歴史があります。

DSC_0727_R

この地点で家から15Km走行

DSC_0738_R

洞海湾の向こうは若戸大橋

若松と戸畑をつなぎ、当時は東洋一のつり橋でした。

DSC_0739_R

洞海湾の対岸には日水(日本水産=水産・食品の会社)、

DSC_0740_R

新日鉄住金があり、その昔この地は「太平洋ベルト工業地帯」の

西端であり、この洞海湾も水質汚濁のヘドロの海でした。

DSC_0743_R

しかし今はその公害を克服し、美しいレトロ地区として蘇っています。

DSC_0749_R

その若戸大橋の下にある若松恵比須神社でお参りして休息

DSC_0751_R

ここからは若松半島北岸に沿って西に向かいます。

DSC_0758_R

DSC_0766_R

途中途中で休息

DSC_0775_R

DSC_0772_R

DSC_0774_R

青い空に蒼い海

DSC_0776_R

DSC_0777_R

そして家に無事到着

DSC_0781_R

走行距離、36Km

生まれ育った若松の素敵な景色が堪能できたサイクリングとなりました。


☆ランキングサイトへの応援クリックよろしくお願いします☆
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ ブログランキング    九州ランキング

今日のトレーニング - 自転車トレーニング

ブログネタ
ロードバイク に参加中!
DSC_0564_R

怪しげな地下倉庫の秘密基地

そこに吊り下げられた自転車

そう、ここは雨の日に大活躍する某氏のトレーニングルームである。

DSC_0565_R

自転車の後輪を装置に取り付け、車輪と装置のローラーを接触させる。

また、このローラとパソコンをネットワークケーブルで接続

これにより自転車の後輪の回転情報がローラに伝わり、

走行距離情報としてケーブルを通しパソコンへ送られていく。

DSC_0567_R

パソコンの画面にはイタリアの、とあるサイクリングロードの風景

そして下方にそこから先の距離と高さ情報が表示されている。

自転車の走行距離に従って、その風景は先の風景に進む。

またその風景に従った高さ情報は勾配としてパソコンからローラへ伝えられ、

その勾配量に従ってローラに負荷がかかる。

自転車を漕ぐ人はこのパソコンの風景を楽しみながら、

またその風景に応じて後輪に負荷を感じ、自転車のギアを巧みにチェンジしながら

イタリアのサイクリングコースを走り抜けていくのである。


今日は自転車で13Kmの距離を走破。

DSC_0566_R

そのあとルームランナーで5Kmを走破。

自転車は下り坂の堕走が効かないこと、

また自転車、ルームランナー共に風による汗の乾きが無いことから

実際のロードよりもこのトレーニングはきつい。

今日はとても疲れました。


☆ランキングサイトへの応援クリックよろしくお願いします☆
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ ブログランキング    九州ランキング

プロフィール

やっちん

記事検索
アーカイブ
アクセスカウンター

    ギャラリー
    • 平成最後の素敵な桜
    • 平成最後の素敵な桜
    • 平成最後の素敵な桜
    • 平成最後の素敵な桜
    • 平成最後の素敵な桜
    • 2018年 年末に思うこと
    • 2018年 年末に思うこと
    • 2018年 年末に思うこと
    • 2018年 年末に思うこと
    • 2018年 年末に思うこと
    • 2018年 年末に思うこと
    • 2018年 年末に思うこと
    最新コメント
    QRコード
    QRコード