力いっぱい輝ける日を

素晴らしい景色を見に、おいしい食べ物を食べに、日本にないものを探しに いつまでも、いつまでも海外に出かけたいと思っています。

貫山

平尾台 - 貫山

20201121-平尾台-貫山

足首をひねって長距離を走ることが難しくなったので、山登りで足首を鍛えることに。

天気が良い秋晴れの日、周防灘が美しく見えました。

 

今回の登山、詳細はこちらクリック >> YAMAP
   
>>やっちん インスタグラム
☆ランキングサイトへの応援クリックよろしくお願いします☆
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へ ブログランキング      九州ランキング

足立山登山

DSC_0509_R

小倉北区の市街地・響灘・関門海峡・周防灘を見渡せる足立山に登ってきました。

足立山2

本格登山はこれで3回目。

第1回:平尾台(大平山 標高587m) 参加 2名

第2回:平尾台~貫山(標高712m) 参加 4名

第3回:足立山(標高597.8m) 参加 5名

前回は私以外の3名のフルマラソンランナーに囲まれての登山だったのですが、

今回は更に1名のフルマラソンランナーが参加。

弾丸のように休みなく分岐点まで駆け登る、もの凄い健脚の方が参加されました。

DSC_0485_R

登山口は足立山妙見宮

DSC_0484_R

ここは狛犬ではなく、狛イノシシ 奇妙でしょ。

DSC_0490_R

登り口から最初の分岐点であるここまではもの凄い登り。

写真一枚を撮る余裕もなく、当然というか、落ちこぼれてしまったというか

いつものように殿(しんがり)を歩くことに。

DSC_0492_R

でも、ここからは山歩きを少し満喫できる素敵な道でした。

DSC_0502_R

途中にあった妙見宮の上宮

DSC_0500_R

重々しい神秘的な参道

DSC_0511_R

そして山頂に到着

DSC_0518_R

目の前には小倉の市街が広がっていました。

標高約600mに青い空

Munich 030_R

4年間住んでいたドイツのミュンヘンの標高は600m近く。

あの時と同じ紺碧の空がそこにはありました。


☆ランキングサイトへの応援クリックよろしくお願いします☆
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ ブログランキング    九州ランキング

登山靴と靴下の購入

ブログネタ
好きなスポーツは? に参加中!
DSC_0466_R

登山靴、買いました。

先日、”平尾台から貫山へ登ってみましたが、

下りは足先と膝がとても痛くて仕方ありませんでした。

DSC_0467_R

この痛みは単なる訓練だけではなく、道具でかなり改善されるもの。

それでこの靴を購入。

メーカー品じゃなかったので、価格はかなり安かったですよ。

DSC_0462_R

合わせて購入したのが、この靴下。

冬物のように厚手なのですが、タグには「中厚」との記載。

価格は、なんと2000円。

こりゃあ高いわ~ぁ、と思っていたんですが、よく見ると

DSC_0469_R

親指の付け根やかかとの部分が厚手に、

また土ふまずの黄色の部分も少し高めに、

DSC_0470_R

足の甲側、指の付け根部分は通風が良くなる構造。

DSC_0474_R

足の裏には左右を表す”L””とR”の文字

かなり気配りした靴下でした。納得の2000円

DSC_0473_R

じゃ、登山 行ってきまぁ~す。


☆ランキングサイトへの応援クリックよろしくお願いします☆
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ ブログランキング    九州ランキング

平尾台から貫山に登ってみた!

ブログネタ
スポーツ・趣味 に参加中!
観察センタ-貫山-20140309-2_R

先週訪れた、北九州市のカルスト台地 平尾台

大平山に登ったのですが、その急斜面に大苦戦。

そこで購入したのが登山用のスティックです。

DSC_0411_R

これを使って平尾台から貫山(ぬきさん)を攻略

標高711.6mの貫山に登ってきました。

DSC_0347_R

前回行った「茶ヶ床園地」を経由し、更に登っていくと、

その登山道から右手下にある「広谷湿地」に立ち寄り。

DSC_0355_R

ここは平尾台の山々から水が集まり湿地を構成。

更にここから下って行って「青龍窟」という大きな洞窟へ立ち寄り。

DSC_0377_R

大きな割れ目。

DSC_0376_R

中には修行僧と思える方が、ほら貝を吹いていました。(びっくり)

DSC_0371_R

DSC_0373_R

この洞窟の広いこと。

登るどころか、すっかり下った名所に立ち寄ってしまって...

昼食後、急いで貫山めがけて登って行きました。

ここで急斜面攻略のためのスティックが大活躍。

DSC_0400_R

貫山、到着です。

途中、雪が降ってきました。

DSC_0401_R

山頂の気温は3.5度でした。

歩行距離 約12.28km,行動時間 約 4 時間 28 分

ビデオ、見てください。




☆ランキングサイトへの応援クリックよろしくお願いします☆
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ ブログランキング    九州ランキング
プロフィール

やっちん

記事検索
アーカイブ
アクセスカウンター

    ギャラリー
    • 金比羅池の桜
    • 金比羅池の桜
    • 金比羅池の桜
    • 金比羅池の桜
    • 金比羅池の桜
    • 金比羅池の桜
    • 金比羅池の桜
    • 金比羅池の桜
    • 金比羅池の桜
    • 河頭山・花尾山・皇后杉
    • 河頭山・花尾山・皇后杉
    • 河頭山・花尾山・皇后杉
    最新コメント
    QRコード
    QRコード