力いっぱい輝ける日を

素晴らしい景色を見に、おいしい食べ物を食べに、日本にないものを探しに いつまでも、いつまでも海外に出かけたいと思っています。

関門海峡

門司みなとめぐり

DSC_2638_R

風邪と受験勉強から解放された今週末

DSC_2642_R

行ってまいりました、この場所

DSC_2643_R

ビュッフェレストラン ARK

DSC_2645_R

明治時代の歴史の匂いが漂うレンガ造りの建物

DSC_2641_R

反対側は国道を挟んで関門海峡

DSC_2646_R

レストランはバイキング

DSC_2647_R

ソフトドリンク付きの90分、食べ放題です。

DSC_2649_R

今月はマグロ料理がお薦めでしたが、

DSC_2650_R

このお店、パスタが美味しんですよ。

さすがに90分フルに食べることもできず、今日の目的のみなとめぐりに出発。

DSC_2652_R

プレジャーボートが買いたいという親友がいて、じゃあ駐車場ならぬ

係留する場所の確保が必要だよね、ということで門司方面を見て回ることに。

DSC_2656_R

おっとここは片上海岸

今年初めてトライしたフルマラソン(北九州マラソン)、自己最長のハーフの距離を超え、

何とかこの海辺まで走ってきましたが、8~10メートルの横殴りの冬の風にあおられ、

この先30km地点でリタイアとなった場所でした。

思い出すと感動と悔しさでいまだに涙が出てきますね。

DSC_2659_R

見て回ったのは市営の係留場所ばかり、なので係留されている船は

プレジャーボートというより遊漁船(乗合いの釣り人に沖で魚を釣らせるための船)が多いですね。

DSC_2666_R

冬とは打って変わって、梅雨の合間の快晴のもと、

DSC_2666_R

門司・門司港の係留できる場所探しをしたのでありました。

DSC_2670_R

DSC_2671_R

門司港地区は係留場所の横を門司港レトロ観光列車「潮風号」が走っていきます。

DSC_2664_R

遠くに見える関門橋

こんなところのクルージングは楽しいでしょうね。

でも、プレジャーボートっていくら位するの?

維持費は?

台風来たら大変だよね!

DSC_2668_R

ま、なんとかなるかな。

親友が買うんだし。



☆ランキングサイトへの応援クリックよろしくお願いします☆
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ ブログランキング    九州ランキング

海が見えるお洒落なレストラン ARK

ブログネタ
お店紹介 に参加中!
IMG_20141018_142100_R

北九州市門司区の「海が見えるお洒落なレストラン ARK(アーク)」へ行ってきました。

写真はARKの隣の「旧サッポロビール醸造棟」

赤レンガのレトロ感あふれる良い場所です。

DSC_2434_R

門司側から関門海峡をはさんで、山口県下関市の方を映したこの一枚の写真

なんとこの写真はレストランのテーブルに座っての一枚です。

まさに、このレストランは「海が見えるレストラン

日当たり良好の素敵なレストランです。

今日は下関市では「つのしま夕やけマラソン」が行われており、

親友たちの激走の応援に行けなかったので、ここからエールをおくりつつ、

明日に迫った自らの初ハーフマラソン「第23回のおがた水辺マラソン」に向け、体調を整えることに。

ここはバイキングレストランです。

DSC_2435_R

最初のプレート

前回のバイキング「アレッタのバイキングでやらかした!」に比べれば、

大会前に、如何に食事に気を付けているかが窺えるでしょ!!

ここはイタリアンレストランだけに、パスタが美味しかった。

だが、この量で我慢しました。

あ、そうそう。

あなた玉子料理は何派?

玉子焼き? 目玉焼き? ゆで卵?

私は卵焼き派

ちなみにこのバイキングでは、目玉焼きは出ておらず、ゆで卵は殻がついたままでした。

DSC_2437_R

二つめのプレートがこれ。

どんだけ、タコ、イカの握り好きなんじゃ?

(本当はアジとブリが好きなんだけど、なかったんです。)

ということで、今日は控えめの?食事となりました。

このあと、「もじ楽の湯」で海を見ながら湯船につかり、

明日のハーフマラソンに向けて体をほぐしたのでありました。


☆ランキングサイトへの応援クリックよろしくお願いします☆
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ ブログランキング    九州ランキング

高倉堡塁跡

ブログネタ
歴史のお話 に参加中!
DSC_0539_R

森の中に隠れるように口を開けた幾つもの入り口と窓

DSC_0530_R

廃墟と化したこの煉瓦造りの建物は「高倉堡塁跡」

DSC_0524_R

足立山に登った我々は、この登山の最終目的地とした「高倉堡塁跡」へ向かった。

この場所を探し出すのは非常に難しい。

足立山11

上の地図の赤丸は 「足立山(標高597.8m)」

高蔵山堡塁跡31

その左(西)に登山口の足立山妙見宮

そして右(東)に高蔵山(標高357m)

高倉堡塁跡12

「高倉堡塁跡」は高蔵山の近くにあるのだが、その場所は

Googleマップを拡大しても見つけることはできない。

DSC_0534_R

その謎を知るには、「堡塁」とは何か?を知らねばならない。

DSC_0538_R

明治時代、諸外国からの防衛のため、各地の交通要所で砲台が設置された。

関門海峡を挟む、北九州・下関の両岸・島、及び山麓にも、多数の砲台が築かれたのである。

DSC_0536_R

石・土砂・コンクリートなどで構築 された陣地を「堡塁」といい、

ここ「高倉堡塁」は周防灘方面に向け設置された堡塁であった。

DSC_0531_R

つまりここには砲台があり、その存在が敵に気づかれぬよう、

山の中に身をひそめ存在していたのである。

DSC_0533_R

天井には換気用の穴、そしてこの穴は森に囲まれ、

外からはその存在を消していた。



朽ちゆく煉瓦に、暫し歴史の重さを感じながら、我々は山を下りこの登山を終えた。




☆ランキングサイトへの応援クリックよろしくお願いします☆
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ ブログランキング    九州ランキング

足立山登山

DSC_0509_R

小倉北区の市街地・響灘・関門海峡・周防灘を見渡せる足立山に登ってきました。

足立山2

本格登山はこれで3回目。

第1回:平尾台(大平山 標高587m) 参加 2名

第2回:平尾台~貫山(標高712m) 参加 4名

第3回:足立山(標高597.8m) 参加 5名

前回は私以外の3名のフルマラソンランナーに囲まれての登山だったのですが、

今回は更に1名のフルマラソンランナーが参加。

弾丸のように休みなく分岐点まで駆け登る、もの凄い健脚の方が参加されました。

DSC_0485_R

登山口は足立山妙見宮

DSC_0484_R

ここは狛犬ではなく、狛イノシシ 奇妙でしょ。

DSC_0490_R

登り口から最初の分岐点であるここまではもの凄い登り。

写真一枚を撮る余裕もなく、当然というか、落ちこぼれてしまったというか

いつものように殿(しんがり)を歩くことに。

DSC_0492_R

でも、ここからは山歩きを少し満喫できる素敵な道でした。

DSC_0502_R

途中にあった妙見宮の上宮

DSC_0500_R

重々しい神秘的な参道

DSC_0511_R

そして山頂に到着

DSC_0518_R

目の前には小倉の市街が広がっていました。

標高約600mに青い空

Munich 030_R

4年間住んでいたドイツのミュンヘンの標高は600m近く。

あの時と同じ紺碧の空がそこにはありました。


☆ランキングサイトへの応援クリックよろしくお願いします☆
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ ブログランキング    九州ランキング

門司港レトロを走ってきた

ブログネタ
走る!!! に参加中!
DSC_0231_R

「北九州マラソン2014」まで残り1週間

この週末も、大会に出場する友人のサポートとして走り込みを実施。

場所は本州の下関と九州の門司を結ぶ関門橋の下から

門司のレトロ地区を抜け、小倉方面へ。

関門海峡に沿った、北九州マラソンのコースを走りました。

友人との集合場所は関門橋の下のノーフォーク広場。

DSC_0211_R

私のスタイルは先日購入した黒と赤のランニングシューズ

そして、福袋で購入したランニング用のズボン(黒)と靴下(赤)

なかなか似合ってるじゃないか、なんて思いながら今日が靴のデビュー日。

すると、友人も車から降りてきて...

DSC_0212_R

「え、それ同じ靴やないか!?」

「おれも黒と赤のウェアが多いので赤っぽい靴買うと言いよったやろ!」

しかも彼の靴も本日デビューだそうです。

違うのは0.5cmのサイズだけ。

流石ですな、この友人とは中学からの長い深い付き合い。

背丈も体重もほぼ同じ。まるで浜田と松本の漫才コンビやね。

DSC_0218_R

レトロ地区の跳ね橋を渡り、

DSC_0220_R

海峡に沿って走りました。

流石に大会の1週間前。多くのランナーとすれ違います。

軽く走ったあとは、関門トンネルへ。

DSC_0234_R

関門橋の橋脚の傍に、いくつかのゴツイ扉のエレベータがあります。

これを下ると、関門トンネルを通り、本州の下関へ行くことができます。

DSC_0236_R

料金は人は「無料」、自転車は「20円」(トンネル内は乗ってはいけません)

700m位あるので、雨天のジョギングコースとしてはとても有効な施設ですね。

DSC_0247_R

途中に県境の印があります。

DSC_0242_R

トンネルの先のエレベータを上がると、そこはもう本州

関門といえば源平合戦

八艘飛びの義経の像があります。

DSC_0246_R

また、長州が英国船へ攻撃を行ったキャノン砲の模型も

設置されていました。

DSC_0243_R

来週は少し寒波と小雨がある見込みです。

DSC_0245_R

マラソン当日は何とか良い天気となりますように!


☆ランキングサイトへの応援クリックよろしくお願いします☆
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ ブログランキング    九州ランキング
プロフィール

やっちん

記事検索
アーカイブ
アクセスカウンター

    ギャラリー
    • 平成最後の素敵な桜
    • 平成最後の素敵な桜
    • 平成最後の素敵な桜
    • 平成最後の素敵な桜
    • 平成最後の素敵な桜
    • 2018年 年末に思うこと
    • 2018年 年末に思うこと
    • 2018年 年末に思うこと
    • 2018年 年末に思うこと
    • 2018年 年末に思うこと
    • 2018年 年末に思うこと
    • 2018年 年末に思うこと
    最新コメント
    QRコード
    QRコード